HISAKOブログ

赤ちゃんのお口の科学

   やたら自分の手を口に持っていくんだけど
   母乳が足りないのでしょうか?

というご質問をよく受けます。

人間は高等な動物です。
だけど、生まれて間もない赤ちゃんがおっぱいを飲むという行動は、
反射の世界の無意識行動です。
頭で考えて吸って味わって飲んでいるではないんですね。

赤ちゃんがおっぱいを飲むときの反射(哺乳反射)は、大きく3つに分けられます。
まず、乳首が頬に触れると、口をそっちに持っていく、ルーティング反射。
乳首が口に入ると吸いはじめる、吸啜反射。
さらに、吸ったお乳が口の中に溜まるとゴクンと飲み込む、嚥下反射。

これらは本人の意志とは関係のない反射なので、
ミルクの入っていないカラっぽの哺乳瓶を与えても、
迷うことなくチューチュー吸います。

新生児の早い時期からおしゃぶりを与えてしまうお母さんがいますが、
これはあまりよくないんですよ。
なぜなら、赤ちゃんは嚥下反射を持っているから。

お母さんの乳首は、赤ちゃんが吸えば、硬口蓋、軟口蓋、そして舌によって
ペシャンコにつぶされ、完全な密閉状態を作ってくれるよううまくできています。
赤ちゃんの口唇は密閉空間への空気の流入を防ぐパッキングの役割。
だけど、おしゃぶりではどうしても隙間があいてしまうのですね。
そこから入った空気を、赤ちゃんは飲み込んでしまいます。

泣き止まないから

と、おしゃぶりに頼ると、赤ちゃんは飲み込んだ空気でおなかがポンポンになって
苦しむことになりかねません。
新生児も3時間おき授乳にこだわらず、泣いたら何度でも
おっぱいを含ませてあげましょう。

おしゃぶりに頼ることなかれ

です。

ところで、赤ちゃんの口に指を入れてみたことはありますか?
その吸引力の強さには驚きます。
生きる糧となる哺乳反射の力強さ、生命力の神秘に改めて感動してしまいます。
そして、なによりも一生懸命にお母さんの指に吸いつくわが子を見ていると、
とてつもなく愛おしいと感じますね・・・♪

赤ちゃんはおっぱいを飲むとき、すごく器用なことをしてるんですよ。
なんと、鼻で呼吸しながら同時に口で飲むという技ができちゃうのです。
コップでお水を飲みながら同時に鼻で息をするなんぞ、
わたしはできないです〜!

赤ちゃんは、鼻から空気を吸い込んで、前方に位置する気管に入れる一方、
口から飲んだお乳は後方に位置する食道に入れるということを同時にやってのけます。
さらに、頬が陰圧をかけたときに、へこまないように、赤ちゃんのほっぺには
脂肪がたくさんついています。
これが、口腔内の陰圧をいっそう強固なものにしているのです。

赤ちゃんが丸顔なのは、ただかわいいだけじゃないんですね。
プニプニほっぺには、それなりの訳があったのです。

アーカイブ