HISAKOブログ

お母さんの都合で?

gekishin

ひろくん、1歳半。
バリバリのおっぱい星人です。

先日、1歳半健診がありました。
ひろくんママは、ばぶばぶに通院しているので、
1歳半すぎての授乳にどのような意義があるのか
よくご存知です。

また、1歳半で頻回におっぱいを飲ませていると
保健師さんや歯科衛生士さんから
断乳を勧められる『健診あるある』の存在も
知っています。

いつまでも飲ませていると子どもが自立できない。
いつまでも飲ませていると虫歯になる。
いつまでも飲ませていると食べない子になる。
いつまでも飲ませているのはママのエゴだ。

きっと「おっぱいやめろ」って言われるんやろうなぁ・・・
でも、何を言われても落ち込まへんぞ!

気合いを入れて、いざ健診へ。

「まだおっぱい飲んでるんですよね」

来た来た。
思った通りの歯科衛生士さんの言葉。

そのあとに続く言葉は安易に予測できるので
ひろくんママは、身構えました。

「断乳ではなく、卒乳を希望されているんですね。
あ、いいんですよ、いいんですよ。
卒乳まで飲ませてくれていいんですよ」

ありゃ?
拍子抜け。

てっきり「1歳半にもなっておっぱいなんて!」って
長期授乳否定の心ない言葉が
浴びせられると覚悟していただけに、
肩透かしを食ったみたいで、
気が抜けてしまいました。

そっか~~
4歳のお兄ちゃんの頃とは違って
母乳の素晴らしさや2歳まで続けることの意義が
広域に認識されるようになったのかも
しれないなぁ。

月日が経てば指導も変わる。
ああよかった!

ひろくんママはほっこり嬉しい気分になりました。

が、世の中そんなに甘くはありませんでした。
歯科衛生士さんの話には
続きがあったんです。

「ただね、お母さん。
他のお母さんたちにも同じように
お伝えさせてもらってるんですけど、
あなたの都合や自分勝手な思い込みで
授乳を続けるのだけはやめてあげてくださいね」

!!!!!!( ̄▽ ̄)

なんだとぉぉぉぉ~~~~~~!!!>* ))))><

それ、どーゆう意味や!
どーゆう意味や!
どーゆう意味や!

ママの勝手な思い込みって何?
あなたの都合って何?

子どもが欲しがる。それに笑顔で応えてあげる。
ママも子どもも笑顔になる。

そういうおっぱいのあり方は、
ママの一方的な思い込みなわけ?

ホッと緊張の色が緩んだところを狙っての急転直下。
不意打ちを食らって彼女は言葉を失いました。

子どもが欲しがってもいないのに
無理やりおっぱいをねじこんでいるわけではありません。
親子の想いが以心伝心に共鳴しあってこそ
成り立つ授乳です。

ひろくんママは第二子だし、ばぶばぶに通っているので
長期授乳の正しい知識を持っていたからよかったけど、
第一子で、おっぱいの知識のないママが
このような指導を受けたなら
確実に「断乳しないと!!」と思うでしょうね。

「ママの都合と勝手な思い込み」というフレーズにも
大きなショックを覚えるでしょう。

1歳児のおっぱいは、精神安定剤です。
欲しがっている子に対して
授乳を続行することは、
ママのゴリ押しではないです。

嫌がっているのに強制的に飲ませるわけでは
ないのですから、
堂々と自信を持って、
子どもが自らおっぱいを離れていくその日まで
授乳を続けてくださいね!

 

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/
『amo』は

妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

アーカイブ