HISAKOブログ

なんでこんなにトラブるの?〜6ヶ月児ママおっぱい〜

6

生後6ヶ月の赤ちゃんのママ。

2ヶ月ぐらい前から
左乳房の乳腺炎を6回も繰り返し、
ここ最近は1週間ごとのペースです。
しこりはできないのに、
おっぱいの一部が真っ赤に腫れて痛くなります。

助産師さんに診てもらいましたが、
乳腺炎特有の黄色い膿は出て来ず、
乳腺の詰まりも見当たりません。

「乳頭が腫れているし、
中の乳管が傷んでいるのかもしれない」

「乳頭の傷から細菌が入ったのかもしれない」

助産師さんには、徹底的な食事制限と
3時間ごとの授乳と搾乳を指示されました。

牛肉は絶対ダメ、乳製品もダメ。

言われたとおりに頑張ってるのに、診てもらうたびに
「何食べたの?」と怒られました。
サバの煮付けを食べたと答えると、
「それが原因!」と言われました。

おっぱいを診てもらう日は
今日は何を怒られるんだろう・・・どんよりした気分になり、
毎回いろんなことを言われすぎて
頭がぐちゃぐちゃになり、
もう、何を口にしていいのかさえもわかりません。

乳腺外科でも診てもらいましたが、
エコーの結果、膿は溜まっていないと。

自分でできることは全部しているつもりなのに、
なぜすぐ再発するのでしょうか。

抗生物質を処方してもらい、1週間内服しても
飲み終わって数日もするとまた乳腺炎を
繰り返します。

また、赤ちゃんの顔に湿疹が出ているのですが、
「あなたの母乳の質が悪いからね」と
言われてしまいました。

わたしは毒のような母乳を赤ちゃんに与えているのでしょうか。
かわいそうなことをしているのでしょうか。

あまりにも辛くなって、助産師さんに
断乳したいと申し出たら
急に態度が冷たくなりました。
ああ、もうここには来れない・・・と思いました。
—————————————–

そのような経緯で、
2ヶ月間の迷走の末、
最後の頼みの綱だと、
ばぶばぶに飛び込んで来られたのでした。

彼女のおっぱいを診せてもらいました。
確かに、乳管の閉塞はありません。

まず驚いたのは、基底部の面積がめっちゃ大きい!
普通のお茶碗と、どんぶりなら、
どんぶりの方がたくさん入るのと同じで、
彼女の大きな基底部には、
溜まりすぎた血液がガチガチに固まって、
円滑に乳腺へ流れることができない状態になっていました。

溜まりすぎた血液は、乳腺を圧迫します。
すると乳房内全体にむくみを生じ、
母乳が流れる乳管が押されて細く細くなっていました。

出てくる母乳は循環が悪いために温度が低く、
古い母乳の水分のみが母体に再吸収されて
ねばりのある乳質になっていました。

部分的なしこりは、ありません。
でも実は密かに
乳房全体がひとつのしこりを形成していました!

つまり、彼女の繰り返すおっぱいトラブルは、
細菌感染による化膿性の乳腺炎ではなく、
極度の循環不全が乳腺炎の原因の、うっ滞性乳腺炎です。

食事も気をつけ、
3時間ごとの授乳も守ってきたのに、なぜ?
循環不全に陥った理由は何でしょう。

彼女の表情、今までがんばってきたこと、
おっぱいの状態・・・

いろんなことを総合的に考えて、
ストレスと疲労、そして、3時間ごとの授乳を
時計を見ながら律儀に守ったことが原因だと思いました。

これだけ基底部の大きい人は、
血液が溜まりすぎないように、頻回授乳で少量ずつの母乳を
ちょこちょこ飲ませることで
循環不全を防ぎます。

むくんでパンパンになったおっぱいを
3時間を守って吸わせるから、
硬い乳頭は正しく深くくわえることができなくて
浅吸い&歪めのみ、引っ張りのみになります。
よって、乳頭に傷とむくみが生じます。

極度の食事制限は、ストレスからくる
筋肉の緊張、血液の流れを阻害します。

ということで、

彼女には、食事制限をやめてもらいました。
バランスよくしっかり食べること。
ただし、間食と暴飲暴食だけは気をつけて。

授乳間隔を計らない。
おっぱいが硬くなる前に、ちょこちょこ飲ませるように。

おそらくそれで、もうあなたは
トラブルから解放されるはずですよ!

あ、それと。
赤ちゃんの湿疹はおっぱいの質が悪いからではなくて
月齢からくる生理的なものですよ~。

そうお伝えしました。

今まで必死でやってきたことを
全部やめて、と言われて、
きっと彼女は戸惑っただろうと思います。
ほんと申し訳ないです。

1ヶ月後、ばぶばぶ再受診された彼女は
笑顔がいっぱいになっていました。

あれから一度も乳腺炎にはなっておらず、
今まで必死にやってきたのはなんだったんだろう?
とおっしゃっていました。

冷たかった左の母乳も温かく、基底部は左右ともに
きれいに剥がれて循環がよく、
おっぱい全体がふわふわに柔らかくなっていました。

「で?断乳はどうするの?」

「そんなの、するわけないじゃないですか~!!」

そうかそうか、
断乳撤回やな!

よかったです^ ^

 

 

 

 

 

 

▼インスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/?hl=ja

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/
『amo』は

妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

アーカイブ