HISAKOブログ

吸う力が強くて乳頭が痛いです

su

タイトルのようにおっしゃるママが
ときどき来院されます。

生まれて間もない赤ちゃんは
体力もないし、ほっぺの筋肉も未発達だから
それほど上手には飲めません。

彼らは舌で乳頭・乳輪を巻きつけ、
お口の中を真空にします。
そして舌を喉の奥から手前に向かって
波打たせながらおっぱいを飲みます。

赤ちゃんの月齢、出生時の状態、
体重、舌の長さ、
おっぱいに対する執着度などの個性が影響して

テクニックの上手い下手はあれど

「吸う力」

を比較すると、
実はどの子も「吸う力」の強さには
大差がありません。

体重5000gを超えるぐらいから
しっかり飲めるようになると言われるのは
吸引圧が上がるという意味ではなく

体力がついて、すぐにはヘタばらなくなることや、
舌の巻きつけが器用に、有効な吸い付きができるようになる
ということを示します。

つまり、
「吸う力が強すぎて痛い!」というのは
ちょっと違うんですね~。

乳頭が痛いのは、赤ちゃんの吸引圧の問題ではなくて、
浅飲み、潰し飲み、歪め飲みなどの原因。
要するに『正しい吸い付き』ができていないからです。

だって考えてみてください。
わたしたちは哺乳類です。
赤ちゃんの力強い吸い付きで、いちいちおっぱいが
傷だらけになるような仕組みに身体が作られているはずが
ないと思いませんか?

きちんと正しく吸いつけさえすれば、
どんなにパワフルに飲んだところで
乳輪・乳頭は痛くなるはずはないのです。

吸わせて「痛い!」と思ったときは
我慢してそのまま授乳を続行するのではなく、
一度おっぱいを口から外して
仕切り直しをしましょう。

痛い=歪み飲み、浅飲み、引っ張り飲み、潰し飲み

これらはおっぱいトラブルの元凶ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

▼インスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/?hl=ja

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/
『amo』は

妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

アーカイブ