HISAKOブログ

遺伝やねんからしょうがないやん!〜後期乳児健診〜

othiru

生後11ヶ月のりくちゃんのママが
月に1回のおっぱいメンテで来院されました。

今日はやけに化粧が薄い。
どうした?

「話したらぜったい泣いちゃうから。
泣くこと前提ですっぴんで来ました。
パンダになりたくないから~」

先日、後期乳児健診に行ってきたのだそうです。

りくちゃんは、低月齢のころから人一倍活発で、
首のすわり、寝返りも、ずりばいも、つかまり立ちも
すべてが早く、他の赤ちゃんより2~3ヶ月前倒しの
発達を見せてくれていました。

おっぱいはよく飲んでいます。
ちょっと授乳間隔をあけると
いまだにパンパンに張ってくる・・・
ということは、
りくちゃんがガッツリ飲めていることを意味します。

ちなみに上の子、りょうちゃん(3歳)も
完全母乳で育ちました。

●発達、かなり早い。
●顔つき、イキイキしている。
●排泄、問題なし。
●頭囲、標準的。
●身長、母子手帳の発育曲線内も低め。
●体重、発育曲線の下限ギリギリ。

ママの直感では、
よく動き、よく笑い、よく泣き、
元気に育っているなぁ、ありがたいなぁ
・・・だったので、
後期乳児健診は滞りなく終了するものと思っていました。

ところが!

●体重 「少なすぎる!」
●身長 「伸びてない!」
●発達 ノーコメント
●頭囲 眼中にもなし。
●排泄 ノータッチ。

小児科医は、
身長と体重のことだけに特化して激しく指摘。

念のため、血液検査となりましたが、
結果はまったく問題なしでした(そりゃそーだろ)。

なのに、その結果をふまえてもなお、
小児科医は言い放ちました。

「もしかしてお母さん、母乳で育ててるの?」

もしかしなくてもおっぱいですけど?
それが何か?

「これだから困るんだよね。
母乳はもう栄養もないんだから、与える意味などないでしょ?
なんのこだわりなの?お母さんのエゴ?
ネグレクトって知ってる?

11ヶ月で7800gなんてありえないよ。
身長も全然伸びてないよね。
今後この子の発達に影響しても知らないよ。
そもそも、母乳出てないんじゃないの?」

ネグレクト・・・
育児放棄のことです。
ご存知のように、一種の虐待行為を指す言葉です。

ママが、ここまでどんな想いで
どんなに愛情をかけて
2人の男の子を育ててきたか。

ろくに知らないくせに
一生懸命にやってきた彼女に向かって
『ネグレクト』って
なんなんや~~~~~~っっっ!( *`ω´)

ママはショックのあまり泣きそうになりましたが、
ここで噛みついて行ったら負けだと思い、

「そうですね、はい」

必死で涙をこらえ、
穏やかに答えたそうです(エライっ!)。

血液検査という医学的根拠あるデータにおいても
どこにも問題点はなかったのに、
「母乳に栄養がない」って、
どこをどう紐解いたらそういう話になるんでしょうか?

どうして標準の型にハメようとするのでしょうか。
11ヶ月で7800gという体重は、
確かに小さめではあるけれど、発育曲線の枠内に
入っています。

身長も枠内だし、右上がりの曲線のカーブに沿いながら
同じ角度で伸びていってます。
これのどこが問題だというのでしょうか。

頭囲は標準。脳に栄養が足りているのは
彼の表情からも見てとれます。
ブドウ糖は足りてます。

発達はかなりハイペース。
ということは、筋肉を作っていくために必要な
タンパク質がしっかり足りているってことですね。
離乳食だってそれなりに食べています。
これ以上どうしろっていうのでしょうか。

実は、りくちゃんのパパが
身長158cm/体重47kgと、とても小柄なんです。
子どものころ、低身長の検査もしたけれど、
とくに異常は見つからなかったそうです。

そういう遺伝的要素も含めて冷静に考えたら
りくちゃんが少々小柄ちゃんなのは
なんら不思議はないわけで。
家族を取り巻く背景も知ろうとせずに、
容易にネグレクトだなんて、ひどすぎます。

なんらかの病気や障害が隠れていたら
早期発見で治療を開始することには
大きな意義があると思います。
だから、乳児健診は大切なんです。

でも、同時に
がんばっているママを勇気づけ、
共感してあげたり励ましたり、
自信をつけてあげるような声かけや関わりも
乳児健診の大事な役割ではないでしょうか。

身長、体重、頭囲、すべての計測値を
発育曲線のグラフに印をつけました。
そして、ばぶばぶの待合スペースにいるママたち
5名に見てもらいました。

りくちゃんの動く姿も同時に見てもらいました。

「このグラフに違和感がある人いますかー?」
「この子の動きに問題があると思う人いますかー?」

5人中5人が

え?
なんかあかんのですか?

と、答えました。

どう考えても、どう見ても、
健康な11ヶ月児だと全員が答えました。

独断と偏見で無責任に「健康優良児」
って言ってるわけじゃないことを前提に、

民主主義日本。

『5人のママVS小児科医=5:1』

ママの意見の勝ちや~!!!
恐れ入ったか〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっ!!
コンニャロメーーー!

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/
『amo』は

妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

アーカイブ