HISAKOブログ

助産院ばぶばぶ『あるある』

aruaru

たまには笑えるネタをブログにしてみようと思います。
どーでもいい話ばかりなので
脱力して読んでくださいね。

それでは行ってみましょ〜!

助産院ばぶばぶの日常
あるある〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おっぱいケアで必要なもの、持ってきてほしいものは
「白のタオル2枚」「母子手帳」

「母子手帳もタオルも全部忘れました~!
産後ボケやから許して♡」

あなたの子ども、もう2歳ですケド ・・・
どこまで『産後』で引っぱるつもりや!

——————————————————————————-
なんで長期授乳したいの?

「 だっておっぱい飲んでる姿カワイイから・・・」

本心は?

「・・・ 授乳中は太らんやん・・・」

ですよね〜
そこ、ハズせませんよね〜!

——————————————————————————

産後3ヶ月頃から始まるママの抜け毛。

どんなに「ハゲません!」と説明しても

「 はげる!絶対ハゲる!
どうしよう~HISAKOさん!」

しつこいっ!
ハゲへん、ゆーとるやろが!
人の話ちゃんと聞け!!

——————————————————————————

甘い誘惑に負けて
おはぎを4個一気食いしてしまった授乳中ママ。

〝中和〟しないと乳腺炎になってしまう!
と慌てたらしく、

おはぎのあと、塩辛いポテチ1袋で
中和(?)を試みたところ
カロリーオーバーで乳腺炎になりました。

せめておはぎで止めとけば
こんなことにはならんかったのにね。

だいたい〝中和〟ってナンやねん!
意味がわからんわ。

——————————————————————————

ばぶばぶ待合いスペースにて。

「ほんま、アレやから困るわ~」

「わかるー!
子どもってすぐアレするよなぁー!」

なんで会話が成り立つんやろう?
不思議や・・・。

——————————————————————————

「お産のとき、いきんだ拍子に
うんちが出ちゃったりしませんか?」

不安げな妊婦さん。

大丈夫です♪
盛大に出しちゃってください。

「ぶんべん」っていうでしょ?
「ぶんべん」の「べん」は、「便」って書くねんで(笑)

——————————————————————————

3人目妊娠中の妊婦さん。

「性別わかった?
どっちやった?」

「 HISAKOさん、期待は裏切りませんよ!
もちろん3人とも男です!
もうどうにでもなれ、あははははは!!!!」

開き直るママも男前やな!

——————————————————————————

おなかが大きすぎて
いろんな人に「もうそろそろ?」と聞かれる。

まさかあと3ヶ月もあるなんて
恥ずかしすぎてとても言えない・・・

——————————————————————————

妊婦健診にて。

しっかり食べると「体重増えすぎ」って怒られる。
節制すると、「貧血になってる」って怒られる。

食べても食べんでも怒られる。

どないせーっちゅーねん!

—————————————————————————–

感動の胎動

パパがおなかに触れた途端に
何事もなかったかのように
おなかの赤ちゃん動かなくなる。

——————————————————————————

HISAKOが思春期の娘と彼氏の話をすると
生まれたての娘がかわいすぎるパパは
娘の未来を想像するのか、本気で涙ぐむ。

なんでやねんっ!

——————————————————————————

断乳ケアに付き添いで来院されたパパ。

「妻のおっぱいを以前のように
立派に戻してください、HISAKOさん!」

そんな子犬のような目で哀願されたって、
無理なモンは無理やっちゅーねん。

——————————————————————————

「助産師さんっていい仕事っスよね~。
1日に何個ぐらいのおっぱい触れるんですか?
触らせてもらって、
しかもお礼とお金もらえるんでしょ?
ホンマいい仕事っスよね~」

そうやろ、ええやろ、うらやましいやろ!
どんなもんじゃい!

パパとHISAKOのアホな会話を
ママが冷ややかに聞いている・・・。

——————————————————————————

ただそこにいるだけなのに、
他の赤ちゃんにガン見され、
危険人物とばかりにギャン泣きされる付き添いパパ。

戸惑って思わず引きつった作り笑顔を
見せたりしたもんなら

取って食われる〜!
赤ちゃんギャン泣きヒートアップ。

存在自体が『悪』なのか。

ああ、お気の毒。

——————————————————————————

「赤ちゃんパパにそっくりやね~!
ほら、目なんかまったく同じ!」

ほんまはママ似やけど、
無理やり、パパに似てる部分を見つけて
ほめてあげたら、
目をキラキラさせてめっちゃ嬉しそう。

ハハハ、単純〜!

————————————————————————————

上の子は女の子、下の子は男の子。

第2子以降になると
おかまいなし、
男の子にレースふりふりピンクのいでたちでご来院。

ママいわく
服は着れたらそれでよし!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「HISAKOさん、たいへん!
おっぱいにしこりができてるんです。
わたし、ガンじゃないですか?」

ええとね。
これはね、乳腺そのものです。

「HISAKOさん、たいへん!
おっぱいにゴリゴリがあるんです。
わたし、ガンじゃないですか?」

ええとね。
それはね、肋骨です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「パパのことはね、嫌いじゃないんです。
好きなんですけどね、
でも今は、
半径1m以内に近寄られたくないんです」

産後のママのホルモン変化、
恐るべし。

小さな赤ちゃんを育てていくことに集中したいメスは
さらに妊娠させる可能性のある危険なオスを、
本能が排除〜っ!

旦那であってもカンケーねぇ!
斬!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「そろそろばぶばぶ行こうかな、とか
HISAKOさんのこと考えると
おっぱいがツーンと張ってくるんです♡」

と、よく言われます。

ママのおっぱいホルモンを起動させてしまう
わたしって、いったい・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「授乳スペースはカーテンのあるところ
2箇所あるから使ってね」

って伝えるのに

ほとんどのママが
堂々と待合スペースで授乳する。

もはや授乳中のママにとって
おっぱいは食料であり、
恥じらうところではないらしい。

 

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/
『amo』は

妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです

アーカイブ