HISAKOブログ

『amo』を読んでポジティブに出産日を迎えませんか?

『amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
11回の出産を経験した子だくさん助産師HISAKOと
今あなたのおなかで育まれている赤ちゃんから
毎日心温まるメッセージが届くメールサービスです。

▼amoを申し込む
http://amo.babu-babu.org/pc/index.html#entry_form_id

私の妊婦さんへの想いの集大成ともいえる
メッセージの数々は、
10人目妊娠中に半年間かけて
大切に丁寧にしたためていきました。

これまでにも
たくさんの妊婦さんが
読んでくださり、
前向きな気持ちで出産に臨まれています。

わたし自身、11人目妊娠中に
毎日読んでいましたが、

自分で書いたくせに、
いや、ほんま、
スゴい内容です!
書いた本人が癒されまくりでした!(笑)

不思議なことに、
リアルタイムで、まるでその日の自分の状態を
見透かされているような内容のメッセージが届くので
不安定になりがちな妊娠期間、
何度も『amo』に励まされ、勇気をもらいました。

出産予定日を登録するだけで
どなたでも無料で読んでいただくことができる
妊婦さん向けのメールサービスですが

妊娠の予定のない方も
すでに出産後のママも
架空の出産予定日を登録して
読んでいただくことも可能です。

産後のママは
お子さまのお誕生日を入力すれば
妊娠していたあの頃に
タイムスリップできます!

おなかの赤ちゃんから届くメッセージは
あなたが妊娠中に経験した
いろんなシーンと重なって
改めてママになれた幸せを
再確認できるかもしれません。

すべてがスペシャルな
10ヶ月間のマタニティーライフ
心も身体もキラキラと輝く毎日なら
どんなに素敵でしょう。

だけど

「ちゃんとやっていけるのかな…」

日ごとに変化していくカラダに
気持ちが追いつかず
不安が押し寄せることもありますね。

決していつも幸せばかりではない
妊婦の「心」。

ふいに立ち止まってしまうのは
おなかの中で280日
大切に温めて少しずつ
ママになっていく証だから。

不安の数だけ 涙の数だけ
それだけ前に
進んだということだと思います。

おなかの赤ちゃんを
「愛おしい」と想えば想うほど
ママの心は揺れ動くもの。

高さに足がすくむのはそれだけ高く
登ったってこと。
ママと赤ちゃんの成長のしるしです。

だから、ときに妊娠していることに
恐怖や不安を感じても
そんな自分を誇りに思っていいのです♪

「ママになるんだからがんばらないと」

理想と現実の狭間
気合いの渦の中で空回りしがちだけど
小さなお花をカワイイと思う心

困った人がいたら
助けてあげたいと思う心

ほんとは誰もがみんな
弱いもの、小さいものを
愛でる気持ち「母性」を
抱いて生きています。

さまざまな生き方
それぞれの人生があります。

悩んだり迷ったり
嬉しい日もあれば
悲しい日もあります。

うららかな晴れの日も
横殴りの嵐の日も。

だけどどんな日もいつもあなたの中に
「母性」は静かにたたずんでいます。

あなたが持つ「産む力」「育てる力」
その偉大な力に感謝することができたなら
その先には必ず幸せが待っています!

「愛」は抽象的で
実体がないので難しく思えるけど
みんなに同じように与えられて元気な心さえあれば
実はとてもシンプル、簡単に見つけらるものです。

「自分に正直であること」
「相手を尊重すること」
「自分を大切にしてくれる人の存在を感じること」
「幸せになってもらいたいと思う心」
「役に立ちたいという心」
「ありがとうの心」

これらのすべてが「愛」。
「愛」はわたしたちに希望・勇気・感動を
与えてくれますね。

笑ったり泣いたり波瀾万丈の
マタニティーライフ、
足もとに転がったささやかな「愛」を拾い集めて
大きな「愛」に変えていけると素敵です。

『amo』はポルトガル語で『愛』を指す言葉です。
漢字で「愛」と書くと、
文字の真ん中には「心」という字が入っています。
「心」を抜いて書いてみると
「愛」が別の漢字に変わります。
「受」になりますね。

「愛」から「心」を出すと「受」。
「受」に「心」を入れると「愛」。

ということは

「愛」は「心」を「受け入れて」いる状態を
表しています。

自分の心も相手の心もこの地球上の万物を
無条件に受け入れることが

・・・Te amo
「愛してる」

ってことなのかな。

ここに新しいいのちが育まれること。
その大役を任される喜び。
いのちのリレーが未来へと繋がっていくこと。

それは「愛」なしには
語れないと思います・・・

だから、毎日あなたの元に届く
このメッセージを『amo』と名付けました。

がんばるあなたへありったけの
「愛」を届けたい!

助産師として何万人もの女性たちに
関わってきたからこそ
そして11回の出産、子育てを経験したからこそ
見えてくる世界があるのです。

魂をこめて書き綴った『amo』を
たくさんの方々に読んでいただき、

ポジティブな気持ちで
出産の日を迎えることができて、

そこから始まる子どもとの毎日に
笑顔がいっぱい広がりますように。

それが、『amo』に託したわたしの想いです♡

▼amoを申し込む
http://amo.babu-babu.org/pc/index.html#entry_form_id

 

 

 

 

アーカイブ