HISAKOブログ

西宮市立鳴尾南中学校『いのちの授業』0歳児の赤ちゃん,ママ,妊婦さん募集!

bosyu

毎年、秋になると
小中高校の『いのちの授業』シーズンが開幕します。

これから春まで、
ばぶばぶでの活動の隙間をぬって
西に東に出張授業に走ります!

10月の授業は滞りなく進行中。
11月は、現在予定しているだけでも4校で講演です。

今回は、兵庫県西宮市立鳴尾南中学校
授業をお手伝いしてくださる
0歳児の赤ちゃんとママと
妊娠後期の妊婦さんを募集させていただきます!

◆募集!
授業をお手伝いしてくださる

☆0歳児の赤ちゃんとママ
☆妊娠後期の妊婦さん

今の中学生ってどんな感じなんだろう・・
授業には興味があるし、行ってみたいけど
大切な赤ちゃんを粗雑に扱われたら・・・
なんとなく躊躇してしまう・・・

そんな心配をされているママも多いことと思います。

大丈夫ですよ〜。
15歳、その純粋な優しさに、
わたしたち大人のほうが心を洗われ、
何か大切なことを思い出させてくれます。

=========================
西宮市立鳴尾南中学校
日時 11月26日(月)
10:45~12:45

担当  保健室 岩崎先生

メール chi_iwasaki@edu.nishi.or.jp

◆〒663-8141 兵庫県西宮市高須町1丁目1−36
◆電話  0798-49-5204
◆学校内に駐車場 10台可能 付近にコインパーキングあり
阪神電車 武庫川団地前駅  徒歩5分

==========================

10月1日に行われた、東大阪市立高井田中学校の
生徒たちの『いのちの授業』の感想を
ご紹介します。
=======================================

・助産師さんの話を聞いて
赤ちゃんを産むのは痛いし
こわいという印象があったけど、
思ってたのとは少し違って、
幸せの方が大きいのかなとおもいました。
赤ちゃんすごく可愛かったし、色々なことが知れてよかったです。

・HISAKOさんの話を聞く前に赤ちゃんとの
ふれあいをして可愛くて命を感じたけど、
HISAKOさんの話を聞くともっと命が重く感じて、
少し間違ったことなどで命がなくなるのでもっと命を大切にしたいと思った。

・命の大切さや体の大切さをいっぱい知れました。
今日の話を聞いて、これから生かしていこうと思いました。

・産む費用がたくさんかかったり、
痛い思いをして産んでくれたので、
命を大切にしようと思いました。
初めて赤ちゃんを抱いたりしたけど本当にかわいくて、
来てくれたお母さんも「痛かったけど子どもを見たら忘れた」と言っていて、
自分も子どもができたら大切に育てていきたいと思いました。

・今まで命についてあんまり考えたこともないし、
大事だとは思っていたけど、それほど実感はなかったが、
今回の授業を受けて命は本当に大切なものなのだと気づいた。
自分がここまで成長できたのは親のおかげだと思っ た。

・普通の授業だけではわからないことがたくさんありました。
実際に助産師の方の話を聞いたり、
赤ちゃんと触れあったりするのはなかなかある機会ではないので、
今日学んだことをしっかり覚えておこうと思いました。

・今まで性についての知識があやふやだったけど、
今回の講演で性についてよく知れたし、
それによって生まれる新しい生命の大切さ、
重みなどを感じました。
僕が大人になってからこの知識を活かしていけるようにもっと勉強したい。

・これからの生活につなげていけることを
たくさん聞けて良かったです。
私は絶対にお母さんになりたいと思っていて、
でも陣痛や出産する痛みが怖いなと思っていました。
でも、今日「そんなにビビらなくていい」と言っていて、
少し安心しました。
今日聞いたこと、学んだことを忘れず、
これからの生活につなげていこうと思います。

・自分がどのようにして生まれたのか、
そして生きているということは
本当に奇跡なんだということを学びました。
これから親に自分を産んでくれたこと、
そして育ててくれたことに感謝して恩返ししようと思いました。

・HISAKO助産師さんの話はとてもわかりやすく勉強になったし、
赤ちゃんとふれあい抱っこをして命の大切さを感じた。
いのちの授業をして本当に良かったと思いました。

・今回の授業で命とはなんなのかを知ることができた。
赤ちゃんや妊婦さん のことを何も知らなかったので、
今回の授業で色々知ることができてよかったです。

・名前の由来や妊娠が分かった時の不安など
いろんなことを聞いて知ることができてよかったです。
今までで一番命の重みを感じることができました。
今までは赤ちゃんは産みたくないとか、
陣痛の痛みがどれくらいなのかと思っていたけれど、
今回の命の授業をして「赤ちゃんを産みたい」という意思に変わりました。

・赤ちゃんに触れて、可愛すぎて
本当に自分もこんなに小さかったのかなと思いました。
「命は言葉で語れない」ということは小さい赤ちゃんに触れて
赤ちゃんの温かさと一所懸命生きている姿を見て、
自分が学ぶことがたくさんありました。
自分がここまでこれたのは
たくさん支えてくれた家族や
友達がいたからだから、
もっと自分のことを大切にしようと思いました。

・最後に赤ちゃんが1列に並んで成長を見たとき、
1カ月から半年ずつ見るとすごく大きくなっていて
赤ちゃんの成長って
すごいなと思いました。
また、お母さんに「どんな子に育ってほしいか」と尋ねると、
「好きなように育ってほしい」とおっしゃっていて、
素敵だなと思いました。

・中絶がどれだけ恐ろしいことなのかを初めて聞いて驚いた。
赤ちゃんが生まれることはやはり奇跡だと思いました。
軽く行動して、大事な命を失ってしまっては
ダメだなと思いました。
高校生にあと少しでなるからこれから気を付けていこうと思いました。
妊娠しても流産することもあることを知って
生まれてきたこと、成長できていることは
いろいろな人のおかげだなと思いました。

・私は今日の命の授業をと通して色々なことを知りました。
お腹に赤ちゃんができる前につわりで気持ち悪くなったり、
眠くなったりするなど、自分もお母さんのお腹にいた時
そうだったのかなと考えました。
そして赤ちゃんを抱いた時、すごく可愛くて、
いい体験ができてよかったです。
今、生きたくてもお腹の中で亡くなってしまったり、
育てることができないということで
お腹の中で殺してしまうということを知った上で、
今の自分をもっと大切にしようと思いました。

・一番印象に残ったのは、
「命は一言では語れない」ということです。
私たちが今、こうして生きていることは奇跡で、
何億分の1だということ、だからこそ、
今生きている時間を大切に、
無駄にしないように生きようと思った。

・授業では学べない命の大切さや
温かさを
知ることができてよかった。
大人になってしっかりお互いのことを考えて
思いやりの心のある人と出会って自分の子どもが欲しいなと思いました。

・今日は性について色々なことを学んだり、
実際に赤ちゃんと触れ合ったりして、
貴重な体験ができてよかった。
将来につながることだからしっかりと心にとめて、
心を大切にできる人間になりたい。

・赤ちゃんは帰る時には
私の指を握ってくれて、
心をつかまれました。
本当にかわいいしか言葉にできなくて、
赤ちゃんのほっぺとか可愛かったです。

・赤ちゃんがとてもかわいくて、
最初は「子ども産むなんて絶対嫌無理」
「痛いのなんか絶対嫌」
と思っていたが、
実際に本当の赤ちゃんに触れ合ったり、
有名なHISAKO助産師の丁寧なお話を聞いて、
「もしも自分にご縁があったら子どもを産みたいな」と思った。

・命はHISAKOさんが言ってくださったみたいに
一言では表しきれないような、
とても壮大で大きなものだと思いました。
今までいろんな形の命 を見て感じて、
私は命というものが1種類ではなく、
たくさんの種類があると思いました。

・自分の行った行動に責任をもち、
正しい道を外れないようにしようと思った。

・話の中で、赤ちゃんを産む前までは
「いらん」
 って言っていたお母さんが生まれてきた赤ちゃんの顔を見て
絶対に「ありがとう」っていうのを聞いて、
生まれてきて無駄な命なんかないんだなと思いました。
今回のことを活かしてこれからの人生大切にしていきたいです。

・私はお母さんから性について話を聞きます。
だから知っていることが多かったけど、
「望まれない妊娠」や
詳しいことはあまり知らなかったので
とても勉強になりました。

・「望まれない子はいない」
とHISAKOさんが言っていたのがとても印象的でした。

・後先考えずに性行為をして、
もしそれを中絶するんだったら性行為をした二人とも辛いし、
もうすぐ生まれてこようとした1つの命がかわいそうだと思った。
赤ちゃんは小さくて可愛かった。
小さいのに体で気持ちを表現しててすごいなって思いました。
今
日の話で命の大切さを改めて感じました。

・性についてよく知れました。
異性のことを思う気持ちの延長線上に行為があり、
それはしっかりと責任を負える人間になってからじゃないと
するべきではないし、中絶する悲しさも知れたし、
とてもこれからにつながるいい時間でした。

・私がこの学習で一番心に残った言葉は
「望まれずに生まれてきた命はないんじゃないかと思う」
という言葉です。
自分や今日来てくださったあかちゃん、
他にも誰もがみんな愛され、支えられて、
今15 歳まで育ててくれて、
本当に今自分がここにいることを
当たり前だと
おもってはいけないなと思いました。

・お腹の中にいる赤ちゃんの
心臓の音を聞いて
とても嬉しかったし、
心臓の音が早いと思いました。
自分の命と周りの命、自分が産んだ赤ちゃんの命を大切にします!

・私はまだ「好き」がよくわからなくて、
少し焦っていたところがあったんですが、
自分のペースでゆっくり大切に想える人に会いたいです。
今日の話は「命」は口で語れないものだと思いました。
いろんなことを教えていただきありがとうございました。

・赤ちゃんを産む前に
話し合いや
自分の体のことなどを考えないといけないと思いました。

・自分の体のことは思ったより知らなくて、
とても大切なことを学ばせてもらったと思いました。
中学生、高校生が赤ちゃんを妊娠してしまった時の話は
とても悲しいはなしだなと思いました。
心の大切さを学びました。

・小さいこと触れ合って、
とても可愛くて子どもは本当にいいなと思いました。
でも、子どもが生まれるのはとても奇跡的なことなのだと感じました。
お腹の赤ちゃんの心臓の音を聞くことができたり、
たくさん大切な事を知れてよかったです。

・簡単な気持ちでSEXをしたり、
体目当てで彼女を作るなどそんなことはダメだなと思いました。
本当にわかりあったった人と
幸せな家庭を築いて
いければいいなと思いました。

・自分は思ってるより、
そういう話は知っていると思っていたけど、
話をきいてみたら、全然知らない言葉などがいっぱい出てきて、
たくさん知ることができてよかった。
赤ちゃんはかわいいし、ほしいって思うけど、
それは簡単なことではなく、
たくさんの困難があるんだなって
改めて知ることができた。

・今まで赤ちゃんのこととかあんまりよく知れていなくて
「可愛い」だけだったけど、
命は奇跡のようなものを話を聞いて
しっかりと理解することができました。

・今日の授業を聞いて
HIV感染や
その他の5つの恐ろしい病気についても
よくわかりました。
僕たちが生まれてくることは
まさに奇跡だなと改めて感じました。

・「いのち」は確かに言葉で表現するには難しいけど、
赤ちゃんと触れ合ったことで直接感じることができました。

・(事前授業の)ビデオを見てたら
「命って大切なものだなー」と思うだけだったけど、
実際に抱っこしてみて
命の重さが
言葉に表せないほど伝わってきました。
性について知らないことがたくさんあって
もっともっとこのことについて勉強することが
大切だなと思いました。
本当に自分は幸せだなと感じました。

・3時間もある結構長い授業だったけど
その3時間で命の重みや子どもを授かるという
責任の重大さについて
学ぶことができたすごく濃い3時間でした。

・自分が生まれてくる確率が
奇跡に近いものなんだと知りました。
いろんな性に対すること、
とても甘い考え方だったけど、
大切なことで、
まだまだ自分の知らないことだらけなんだと思い、
軽い気持ちで性行為などは絶対にしないでおこうと思いました。

・今まで偏見でこういった性のことを学ぶのは
恥ずかしいことだと思っていたけど、
今日の話を聞くと、恥ずかしさなんてなくて、
むしろ知れてよかったと思うことがいっぱいありました。
また、赤ちゃんと触れ合うことで命の尊さを感じました。
たった1か月でこんなに成長するんだと感動しました。
それに、赤ちゃんを見るお母さんの顔がとても優しくて、
この子は本当に愛されているんだなと感じました。

・結婚は大事だとわかっていたけど、
付き合うことも簡単じゃなくて、
お互いの将来とかを考えていかないといけないと知った。
異性の体のこととかを知ることは
とても恥ずかしいことだと思っていたけど、
異性の体のことを知ることは
自分のことを自分で守る
ことなんだと思った。

・普段あまり話さない性の事や
赤ちゃんのでき方を聞いて
たくさん学ぶことができた。
実際にお腹の中の赤ちゃんの鼓動を聞いた時もとても感動した。
これからもっと自分の命、人の命を大切にできる大人になっていきたい。

・MARKさんがとてもインパクトがあってとても面白かった。
HISAKOさんの知識や体験などを語ってくれてとてもわかりやすかった。

・赤ちゃんと触れ合ったり、HISAKOさんの話を聞いて、
自
分たちも今日触れ合った赤ちゃんも、
お母さんたちのお腹の中で困難を乗り越えて
生まれてきたんだと初めて知りました。
そうやって考えるとやっぱり「いのち」というのは
かけがえのないたった一つのものだと改めて感じました。

・お腹の赤ちゃんの鼓動音を聞いて、
どれだけ小さくてもちゃんと生きているんだなと思った。
なのでこれから妊婦さんを見かけたら、より気を遣おうと思った。

・今回の授業で思ったことは、
一人ひとり、
大切な命を持っているのだから、
互いに違うところを認め合えるようにならないといけないと思う。
僕は兄弟がいないのでとても赤ちゃんがかわいかったし、
何事にも責任というものがついてくると学んだ。

・お母さんたちが
「子どもいるから自分の時間なかったり、しんどいこともあるけど、
子どもがいるから頑張れる」と言っていて、
なんて素敵なんだろうと思いました。
周りのみんなに出会えるのってすごい確率なんだなと実感しました。

・今日の命の授業のおかげで
改めて
命というもののことを考えることができました。
「生まれてこなければよかった命なんてない」
という言葉が一番胸に刺さりました。

・命の授業をするまでは、
自分の事も何もわかっていなかったけど、
この授業をしたおかげで、これから人の事も
自分の事も
全部理解できるように日々努力しようと思った。

・私ははじめは陣痛なんかそんな痛いの
絶対やりたくないなと思ったけど、
初めて赤ちゃんを抱いてみたら
とても赤ちゃんがほしくなりました。
もう 少し年をとって赤ちゃんを産めるようになったら
赤ちゃんを産みたいと思いました。

・中絶するのは、
男子も女子も
一生忘れることができないことなんだと思いました。
HISAKOさんが言っていたような、
自分に足りないものがある素敵な人と結婚したいと思いました。

・私は赤ちゃんを産むのは痛くてしんどいから
産むのは怖いなと思っていたけど、
実際に赤ちゃんに触れてみるとめっちゃ可愛くて
自分の考えが変わった。
お話を聞いていろいろ知らないことが分かった。

・今日の授業で今まで以上に命の重みを知れました。
今まで何回もこういう授業をしてきたけど、
そんなに実感がなくて、でも今回は
HISAKOさんの話が
とても心に残りました。
そして命は軽いものじゃないんだなと思 いました。

・命がどれだけ大切で、奇跡の中でできたものかと知って、
赤ちゃんを産むことがすごいのだと思いました。
今自分のいるのは偶然ではなく、
色々な人のおかげで
ここにいると知って、
感謝しなければならないと思いました。

・命の授業を通して、
今まで自分が思っていたよりも「いのち」が大切なものだと気づきました。
自分のお腹の中に赤ちゃんができるということが
今は想像できないけど、今日赤ちゃんと触れ合ってみて
とても素敵なことだなと思いました。
HISAKOさんの話を今後の人生に活かしていきたいです。

・HISAKOさんの話を聞いて、
今まで知らなかったことが知れてよかったです。
受精の仕組みや命の大切さなどが聞けて
初めて知ることがいっぱいでした。
HISAKOさんの一つ一つの言葉が心に響きました。
今日の体験は忘れずにこれから過ごしていきたいです。

・自分が赤ちゃんだった時、
どん言葉をかけられていたんだろうと、
今回来てもらった親子やHISAKOさんの話を聞いて思いました。
とにかく、命は直接目に見えるものではないけど、
赤ちゃんのぬくもりや心臓の音を聞いて
一番大切なものなんだなと改めて感じることができました。

・赤ちゃんのこと、性の事について
よく知れて良かったと思いました。
自分の個性を大事にしていきたいです。

・全体を通して今まで知らなかったことが
たくさん知れて良かったです。
改めて命がどれだけ大切なものなのかを知れました。
HISAKOさんとMARKさんの話が印象に残りました。

・普段できないような体験ができてとてもよかったです。
自分のことを産んでくれた親に対して
改めて感謝しなければならないと思いました。

・「命は言葉に表せない」という言葉が一番印象に残りました。
改めて命の重みを知りました。
命は一人ひとつしかない尊いもの、これからも大切に生きようと思いました。

アーカイブ