HISAKOブログ

さすべえ

全国的な酷暑。

大阪も35℃超えでしたが、そんなことはおかまいなく
訪問日は朝から夕方まで自転車で街を疾走しています。

多ければ1日に8件ぐらい回ります。
一方通行の多い大阪の下町では、車は不便。
小回りの効く自転車が便利なんです。

夏の訪問には日傘は必須です。
熱中症対策にも日焼け予防にも、とても大切なアイテム。

    自転車+日傘=?

さぁ答えはなんでしょう。
関西圏のみなさまは分かるかな。

関東圏のみなさま、
「さすべえ」ってご存知でしょうか?

自転車のハンドル中央部分に傘専用のスタンドを取りつけて、
雨傘、日傘、必要に応じて危険な片手運転をせずに済むという
大阪名物のアイデア商品です。

大阪では「さすべえ」はおばちゃんの代名詞。
みんな当たり前のように使っています。

      めっちゃ便利やのになぁ。
      なんで東京の人は使わへんのやろなぁ?
      

大阪人としては不思議です。

確かに、あまり恰好のいいモノではないです。
関東では、センスがない という理由で売れないんですってね。

「さすべえ」を使ったら、その時点で

      おめでとう。
      これであなたも立派な『おばちゃん』の仲間入りですね♬

となってしまうので、若かりし頃は何があろうとも「さすべえ」だけは
使うまいと思っていました。

だけどちょっと年上のママ友に「絶対便利やから〜」と勧められ、
実際、雨の日の傘差し片手運転は危ないし、
とうとう手を出してしまったのです。

・・・感動しました!!!!

素晴らしい!
画期的!
なんて便利なのでしょう!

もうわたし、「おばちゃん」と呼ばれてもいい。
と思いました( ̄∀ ̄*)
なんで今まで頑固に使わなかったのだろうと
自分の愚かさに呆れました(笑)

自転車+日傘=「さすべえ」

大阪の基本です。

わが家の6年生の娘は、ときどき「さすべえ」のママチャリで
保育園に妹弟たちを迎えに行ってくれます。
11歳にして、すでに「おばちゃん」です。

彼女は、
近いうちにヒョウ柄ズボンを履くかもね〜。

アーカイブ