HISAKOブログ

2/13子育て応援講座「火を使わないお灸教室」

助産院ばぶばぶでは月に1回
大有堂鍼灸接骨院 院長しげちゃん先生をお招きし、
子育て応援講座を行っています。

では、しげちゃん先生、
お願いします!

↓↓↓

大有堂鍼灸接骨院
院長の上市(しげちゃん)です。

節分の豆まき、
昨年まで野球のピッチャーの様に
フルスイングで豆を投げつけていた長男(10歳)が、
今年は手首のスナップを利かせるソフトな投げ方になりました。

代わりに、
長女(6歳)が全力で豆を投げつける時代がやってきました。

豆の衝突力に子どもの成長を感じる鬼役、
毎年楽しみにしています。

さて、今回の子育て応援講座のテーマは
「火を使わないお灸教室」です。

・冷え症で困っている
・足腰がだるい、疲れやすい
・お灸のセルフケアに興味がある

今年は暖冬だそうですが、
冷え症でお困りの方から多くのご相談を受けております。

そこで、
冷え症などによく効くツボのポイントを解説し、
セルフケアの目安としてツボシールを貼ります。

小さなお子様のいらっしゃるご家庭でも安全な
「火を使わないお灸」をご紹介いたします。

受講者特典として、
「冷え症・足腰のだるさ特選ツボ解説書」をプレゼントします!

===================================

子育て応援講座『火を使わないお灸教室』

●日時 平成31年2月13日(水)
午前10時~11時
●場所 助産院ばぶばぶ2階
●受講料 1000円
●講師 大有堂鍼灸接骨院 院長 上市茂生
●お問い合わせ・申し込み
メール
pain_specialty_daiyuudou@yahoo.co.jp
電話  06-6622-3735

※メールでの申込みは
「2月13日講座受講希望」と
「お名前」を記入して送信してください。
===========================

↑↑↑

節分の豆まき、うちでもやりました!

でも子どもたちの本音は

「豆、あんまり好きじゃないねんな〜」
「まぁ食べるけどな〜」

炒っただけの豆は
素朴な味がして、たまに食べるとおいしいですが、
現代っ子には
あまり馴染みがない味かもしれませんね。

せっかくの節分だから
どうせならみんなが(鬼が?)喜ぶモノを
投げよう、ってことで

子どもたちとスーパーで
豆がわりになりそうなモノを物色しました。

ピーナッツかな?

マーブルチョコはどう?
派手やし見つけやすいで!

え〜でも家の中で溶けたらたいへんやん!

虫来んで、虫!

マシュマロは?
当たっても痛くないで。

え〜マシュマロきらいー。

で、結局、
麦チョコで豆まき(?)することになりました。

豆だったら真剣に投げることに集中するのかもしれませんが
麦チョコだと
「鬼は外〜!」
言いつつも、食べたい欲が勝ってしまい、

鬼なんかそっちのけで
全員投げた瞬間、床に這いつくばって
必死で麦チョコ拾って口に入れる!

投げる意味???

・・・な、
豆まき(麦チョコまき)になりました。

本来の目的はどこへやらですが、
家族で楽しめたから

まぁいいかー。

アーカイブ