HISAKOブログ

離乳食は〝喉ごし〟だからね!

nodo

よく、離乳食の本に記載してある表現

初期(生後5~6ヶ月)ゴックン期ー1回食
中期(7~8ヶ月)  モグモグ期ー2回食
後期(9~11ヶ月)    カミカミ期ー3回食

完了(1歳~)      パクパク期

ゴックン→モグモグ→カミカミ→パクパク

うまいこと表すなぁと感心しますが、

実際の離乳食って

そんなうまく進むもんなんでしょうか?

もちろん、食べっぷりには赤ちゃんの個性があるので
最初からしっかり口を開いてくれる子もいます。
が、その一方で

さっぱり口を開けてくれない頑固者もいます。

よくママたちから質問されるのが、

与えたニンジンやほうれん草、ひじき・・・
さまざまな食材が、食べさせた形状のまま
全部うんちから出てくるんです。

これって消化できてないってことですよね?

というもの。( ´ ▽ ` )

例えば、いわゆるカミカミ期、
後期食に入った9ヶ月の赤ちゃんは、
ペースト状の初期食、舌でつぶせる中期食を卒業し、
いよいよ奥の歯茎を使って

食べ物を噛む練習をする時期と言われます。

ですが、3回食になってもなお、

『口に入ったら即、丸呑みやで!

 離乳食は喉ごしやでー!!』

という子は珍しくないように思います。

モグモグ?

カミカミ?

そんなすごいこと、

うちの子はできませんでしたよ。

手つかみ食べがすっかり上手になる1歳すぎまでは、
スプーンで口に運んだ離乳食は一瞬にして

飲み込んでました。

それを「食べる」と
表現していいものだろうか・・・と悩みます。

なんちゅーても「丸呑み」ですからね( ̄∀ ̄)

「食べさせるスピード遅いっ!」

「チャッチャと動いて!要領悪いねん!」

食に興味がある赤ちゃんの場合に限られますが、
机をバンバン叩かれ

理不尽に怒られることもあります。

ちゃんとモグモグ、カミカミしていたなら、
スプーンのスピードが間に合わないなんてことは

ありえないはずと思いますけど?

赤ちゃんが離乳食をしっかりカミカミできるようになるのは
奥歯が生えてからです。
1歳で、上下4本ずつ生えていたらいい方で、

ようやく1本目が生え始めたばかりの子もいます。

とんがった前歯ではカミカミはできません。
歯茎を使ってモグモグの真似っこはできるかもしれないけど、

『咀嚼』というには未熟すぎます。

奥歯が生えてくるまでは、
おっぱいやミルクを飲み込むのと同じ要領で
口に入ってきた離乳食はどんな形状であれ、飲めそうな大きさなら

おかまいなしにゴックン!!

ちなみに赤ちゃんは500円玉の大きさのものまで
丸呑みできちゃうと言われていますから、
中期食や後期食程度の食材の刻み方なら

余裕で飲み込みますよ~。

先日、ばぶばぶでごはんを食べていた1歳1ヶ月の赤ちゃんは、
うどんを1本そのまま丸呑みしてました!!(笑)

口から胃まで、うどんが繋がっていたのではなかろうか?!

食材そのまま出てきても、

大丈夫、消化不良ではありません。

栄養分はそれなりに吸収されていますので
丸呑みしていても、下痢や嘔吐がなく元気にしているのなら

そのまま離乳食続行でいいと思います。

わたし的には、

離乳食初期ーゴックン
中期ーゴックン
後期ーゴックン

完了ーここでようやくモグモグカミカミ

そんなイメージを持ってます( ̄∇ ̄)

さぁみなさんご一緒に!

Repeat after me

『離乳食は喉ごし!』

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

『amo』は

妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

 

アーカイブ