HISAKOブログ

授乳中の抜歯

nuku

生後3ヶ月の赤ちゃんのママ。

おっぱいを診せてもらうと
分泌もよく、乳輪乳頭の状態も申し分なく、
完全母乳で赤ちゃんはスクスク育っていらっしゃいました。

・・・が
ワケあって3日後から断乳したいとおっしゃいます。

某○○式母乳相談室にも相談に行ったそうですが
そう決断した理由さえも聞いてもらうことなく
助産師さんからは「ありえない!!」と全否定され
路頭に迷ってばぶばぶに来られたそうです。

どうして断乳?
何があったのでしょうか。

上に5歳のお姉ちゃんがいます。
ママはしなければならないことがたくさんありすぎて
毎日てんやわんやです。

産後、疲れが溜まると
しょっちゅう親知らずが痛むようになりました。
とうとうごまかしがきかなくなって、
歯医者さんに駆け込みました。

このまま放置していると根っこに膿が溜まって
痛みが出る頻度も高くなるだろうとのことで
抜歯をすすめられました。

授乳中だということを伝えると
「だったら治療はできません」と
いとも簡単に断られてしまいました。

ならば、せめて応急処置だけでも!!

ママは藁をもすがる気持ちで頼みました。
だって、痛いんだもん!

でも、授乳中は抗生剤や鎮痛剤が使えないので
何もできません、とバッサリ。

赤ちゃんが生後6ヶ月になる今年4月から
保育園入園&仕事復帰ということもあり、
ママは、悩んだ末、
親知らずの治療を優先しようと決めました。

そんな経緯で、赤ちゃんはまだたった3ヶ月ですが
断乳に踏み切ろうと思ったのでした。

なるほどね・・・
歯が痛いのは辛いよね。
身体の不調を抱えて2児の子育てをするのは
しんどいと思います。
彼女なりに、いっぱい悩んで考えて
結論を出したのだと思いました。

でもね・・・
ちょっと冷静に考えてみましょうか。

授乳中の鎮痛剤と抗生剤については
ブログ『授乳中の解熱鎮痛剤OK?』を
読んでみてください。

薬の種類によって母乳移行率はまちまちですが、
親知らずの治療に使う麻酔薬、抗生剤、鎮痛剤で
特殊な薬剤は使うとは思えません。

ごくポピュラーなお薬が使われることが想定されるうえ、
薬剤はママの血中濃度よりもずっと少ない量が母乳移行するわけで
生後3ヶ月の赤ちゃんになんらかの健康被害が起こるとは
思えません。

抜歯の麻酔を1ヶ月間連続、毎日行うというのでしょうか?
術後の抗生剤や鎮痛剤を
半年間も飲み続けるのでしょうか?

いえいえ、麻酔はそのときだけだし、
抗生剤はせいぜい1週間以内
鎮痛剤は3日分程度じゃないでしょうか?

体内からお薬の成分がすべて抜けてからじゃないと
授乳してはいけない、と思っているママや
医療関係者もいるようですが、違いますよ。

だって考えてみてください。
生まれたばかりの赤ちゃんが、もしも
なんらかの感染症にかかったら
点滴で抗生剤を投与して治療しますよね。

産後すぐから授乳は開始されますが、
産院によっては、ママは産後薬として5日間ほど
子宮収縮剤、鎮痛剤、抗生剤などを
セットで内服することもあります。

麻酔がダメだというのなら、
無痛分娩や帝王切開の腰椎麻酔や硬膜外麻酔はどうなりますか?
無痛分娩をしたら、薬剤がママの身体から完全に抜けるまで
赤ちゃんに授乳してはいけないのでしょうか。
んなわけないや〜ん!!

親知らずの抜歯のときに使う局所麻酔量が、
無痛分娩や帝王切開のときの麻酔量より
上回るなんてことは、どう考えてもあり得ないと思います。

普通分娩であっても、
会陰切開や、裂傷部の縫合に使う麻酔の量の方が
歯の治療で使う量の何倍も多いですよ。
それでも分娩台の上で、ママたちはすぐに
生まれたての赤ちゃんにおっぱいを与えます。

ということで、
授乳中の親知らずの治療は可能です!
ましてや断乳だなんて・・・

授乳中のママは、身体の不調をきたしても
治療を拒絶されるのでしょうか・・・。
病気をするな、ってことでしょうか。

もし、心配なら、治療時にどのような薬剤を使うのか
歯医者さんにきちんと確認してくださいね。

仕事復帰後も授乳継続は可能であることも含め
3ヶ月児のママに丁寧に説明し、
もう一度、よく考えてみるように促しました。

そのうえで、彼女の判断、選択に寄り添い、
その決定を尊重して
ケアをしていきたいと思います。

 

マシュマロ

 

このブログは
ママたちの心を救う材料として役立つことを願い
がんばって更新しています。

LINE@で更新情報などを配信してるのでよかったら登録下さい♪
https://line.me/R/ti/p/%40qxm8903q

友だち追加

アーカイブ