HISAKOブログ

久米島 マシュマロ工場へ行ってきました。

 

マシュマロ工場_久米島

久米島は沖縄から西に約100km
人口8200人
琉球列島のなかでももっとも美しい島で
『 球美の島』とも呼ばれています。

マシュマロ工場_久米島

東洋一といわれるサンゴでできた真っ白な砂と
コバルトブルーだけの、楽園のような浜や

大阪では絶対見かけることのない
南国特有の植物や食べもの、

島独特の、のんびりした時間の流れ・・・

先月、講演をさせていただいた徳之島が
1人の女性が出産する数が日本一、

そして久米島は、
日本で2番目に子だくさんの島です。

ばぶばぶStoreの大人気保湿剤
モイスチャージェル・マシュマロは
そんな久米島で製造されています。

久米島の工場とともに開発を進め、
ようやくわたしの納得できる
保湿剤、マシュマロが完成するのに
2年を費やしました。

めっちゃお世話になっている久米島なのですが
大阪からはあまりにも遠すぎて

そう簡単に
「ほな、ちょっと挨拶行かせてもらうわな!」
というわけにもいかず・・・・

「遠いから行かれへん。
ごめんやで。」

言い訳していたら
たぶんずっと行かれへんやん。

・夏休みの子どもたちを
どこかに連れて行ってあげたい

・マシュマロの故郷、久米島の工場を
この目でちゃんと見て
直接お礼を言いたい

久米島に行かねばならぬ目的が
わたしには2つもあります!

この大家族で移動したら
いろんな意味で、えらいことになるけど・・・

って、言い訳してたら
たぶん永遠に行かれへんやん。

ということで

大家族、意を決して
全員で飛行機に乗って
久米島へ民族大移動〜〜〜〜!

久米島の海洋深層水から生まれた
完全無添加のマシュマロの製造工場は
一面の広大なさとうきび畑と
サンゴ礁の海岸通り沿いにある
沖縄県海洋深層水研究所に隣接して建っていました。

 

 

工場内はとても綺麗に整理整頓されていて
白衣、帽子、マスク着用の
清潔感のあるクリーンルームでのマシュマロ生産には
大きな安心感を抱きました。

工場は
わたしの贅沢な

「あーしてほしい」
「こーしてほしい」

に、どこまでも快く付き合ってくださり

立案→研究→開発→改善→改善→改善・・・・

『改善』をいったい何度
繰り返してもらったでしょうか。

妥協を許さず、とことん良いモノを追求し
できあがったマシュマロで
今、どれだけ多くのママや赤ちゃん、子どもたちが
助けられているでしょうか。

そして、
わたしの家族全員が
肌につけるモノは
気づけば、マシュマロのみになっていて

お世話になりまくりの
久米島工場のみなさまに
本当に本当に感謝です!

多くのママが、赤ちゃんの肌トラブルで
悩んでおられます。

そして、マシュマロを使うことで
肌の状態がよくなり
ストレスから解放されたという感想を
たくさんいただいています。

マシュマロは決して薬ではないのに、

なぜ?

その理由が・・・

マシュマロの原料
久米島の海洋深層水なんです。

マシュマロのベースとなっている海洋深層水は、
久米島の沖2.3km、
水深612mからくみ上げられています。

 

マシュマロ_海洋深層水

深い海の底では、光合成ができないため
雑菌が少なく、
ミネラル分を豊富に含んでいます。

一般的な化粧品の原料となっているのは
水を加熱などによっていったん
沸騰させて気体の水蒸気にしてから、
それを別の場所で冷却して液体に戻した純水
(蒸留水)です。

富山県立大学
研究機関による実験の結果

海洋深層水は、蒸留水と比較して
2.1倍のコラーゲン合成促進効果が
あることが分かりました。

一般的に

“コラーゲンには美肌効果がある”

といわれていますが、

実際に肌とコラーゲンには
深い関係があります。

人間の皮膚は、
外側から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」
に分かれています。

そのうちの95%は、
肌の形や弾力を保つ働きがある
「真皮」(しんぴ)です。

この真皮の約70%(水分を除いた乾燥重量)
をコラーゲンが占めています。

真皮に必要不可欠なコラーゲンは、
古いものを分解して
新しいものに作り変えながら、
肌の健康を保っているんです。

コラーゲン合成が盛んに行われることが、
肌の保湿に重要な役割を果たしています。

コラーゲンはバネのような働きで
真皮層を支えると同時に、
水分をとらえたら逃さない親水性で、
肌の潤いを保つ働きもしています。

話を聞けば聞くほど
海洋深層水のスゴさを感じました。

こうなるともう止まりません!
わたしは久米島の海洋深層水に
直接会ってお礼が言いたくなりました^ ^

・・・で、次の日さっそく
久米島のエメラルドグリーンの海へ

「水深612mを目指して潜ったるで!」
の勢いでスキューバーダイビング。

でもさすがに、水深25mが限界。
海洋深層水の待っていらっしゃる世界までは
遠すぎて、届きませんでした。←あたりまえ。

でも、
たくさんの熱帯魚やウミガメとは会えました!

そして、この深い底に眠るマシュマロの原料に
浅いところからではありますが
手を合わせてきました。

 

『多くのママ、赤ちゃんを
助けてもらってありがとう!』

 

今回、やっと念願かなって
工場にも、そして海洋深層水にも
ご挨拶に伺うことができ、大満足です。

 

マシュマロ_久米島

わたしが水深612mを目指している間
小学生たちはシュノーケリング。

未就学児たちは
島の小さな保育園を体験しました。
エメラルドグリーンの海、透けるようなブルーの空、
真っ白の砂浜まで、お散歩に出かけ、
野生のシークワーサーの実を
たくさん採ってきました。

「これな、ビールに搾って入れたらおいしいねん!」

へ〜!
塩魚とか、唐揚げとか、チューハイとか
キュッと絞ったらおいしそう〜。

シークワーサーが野生で採れるなんぞ、
大阪人にはありえないことでビックリしました。

ここだけの話、
実は現在、ばぶばぶStoreでは
久米島海洋深層水シリーズ
新商品の開発が進んでいます!

これがまたすごいんです!

こだわってこだわって、

場合によっちゃ、
再び612mまで潜って(なんでやねん)
直接交渉もアリで(誰とやねん)

みなさんに喜んでただけるものを
完成させますね!

いったい何を作っているのか・・・?

それはまだ

ひ・ み ・ つ  ♪♪

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

▼ばぶばぶインスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/

▼HISAKOツイッター
https://twitter.com/babubabu_voice

アーカイブ