HISAKOブログ

臨時休診のお知らせ (11月27日(月)→12月2日(土))

 

kyushin_info

11月27日(月)→12月2日(土)
1週間にわたり、ばぶばぶの診察予約フォームから
予約が取れない状態になっています。

「長期休暇取るんですか?」

「どこかお出かけですか?」

ご報告が遅れ、
みなさんにご迷惑とご心配をおかけしています。

助産院ばぶばぶは

11月27日(月)〜12月2日(土)

休診させていただきます。

1週間休診の理由ですが
鹿児島県より500km南にある徳之島で
妊婦教室、子育てセミナーに加えて
保健センターでの期間限定出張おっぱいマッサージと、
島の小学校1校、中学校2校で
『いのちの授業』をさせていただくためです。

美しい海と山に囲まれた南国、徳之島には
今年の夏に初めて、セミナーでお呼ばれしました。

前回セミナーはご好評に終わり
このたび再び、公式訪問の依頼をいただきました。

出生率の全国平均は1.44ですが、
徳之島はその2倍に及ぶ2.81という
脅威の数値を維持している『子宝の島』として有名です。

3人きょうだいなんか、あたりまえ。
5〜6人きょうだいだって珍しくありません。

なぜ、この島では、こんなにたくさんの命が誕生し、
安心して育てられる環境が整っているのでしょうか?

本土と比べて何が違うのでしょう?

それが前回訪れたとき、
真っ先に湧いてきた疑問でした。

出産は、里帰り分娩を除けば
島にたったひとつだけある総合病院がすべてまかなっていて、
他の選択肢はないそうです。

もちろん助産院などありません。
母乳外来さえも、機能していません。

母乳育児支援が不足しているため、
島での母乳育児継続率はとても低く、
多くのママたちが産後3ヶ月ぐらいで
ミルクに切り替えてしまうのだとか・・・。

今回の来島では、
この総合病院の視察も兼ねて、
院長や産婦人科長、そして町長とも会談の機会をいただきました。
本当にありがたいことです。

『子宝の島』の妊娠出産、子育ての現状を知ることで、
これからの周産期医療の抱える問題、
妊婦さん、ママたちへ提供する支援活動の
ヒントがもらえるかもしれないし、

ばぶばぶの、今後の方向性、
助産師としてのわたしの研鑽のためにも
『子宝の島』でしっかり学びを得て
大阪に戻りたいと考えています。

平日なので、うちの小学生以下は
全員連れての来島です。
民族大移動状態です。(^^;;

遊びに行くわけじゃありません。
子どもたちは、たった1週間ですが
徳之島の町立小学校に短期転入します。

きっと、大阪とは違うことだらけでしょう。
方言をはじめとして、カルチャーショックの連続でしょう。
これも、いい経験だと思います♪

どうかどうか、わたしが大阪にいない1週間、
みなさんのおっぱいが無事でありますように・・・。
気になる人・・・そして心配なおっぱいさんたちがけっこういらっしゃるので
気が気じゃないのですが、

「あかん!」と思ったら、どうか我慢しないで
ばぶばぶ以外の母乳外来や助産院に
駆け込むようにしてくださいね。

今回の徳之島では
地元のテレビ局も取材に来られると聞いています。

が、遠慮なく、いつもの調子で
大阪ノリツッコミと笑いを引っ提げて行ってきます!

ばぶばぶ通院中の妊婦さん、ママたち、
スケジュール調整をよろしくお願いします。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしく願いします!

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

▼ばぶばぶインスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/

アーカイブ