HISAKOブログ

おっぱいと結婚したその後

love 253x405 - おっぱいと結婚したその後

 

断乳して、
切なきかな貧乳(しつれい!)になった
ゆあちゃんママからメールをいただきました。

昨日のブログでご紹介したお話の後談です。

=============================================

夫の名誉のためにその後のことをお伝えすると、、、

貧乳になった私も
もちろん受け入れてくれて、エッチもしてます(笑)
もちろん、回数は激少ですがそれはやむなし。

夫に、
『私のおっぱいちっちゃくなってるの気にならんの?』
と聞くと、

『人って慣れてくるもんやで〜』

とニッコリ。

そしてさらに、

『あのプニプニ感は、
娘2人のお尻と抱っこで満たされてるから大丈夫』

とのことでした!

やっぱり男性は自分にないものに癒され、
その癒しがなくなったら、
自然と自分で代わりを見つけてくるものなんでしょうか。。。

貧乳の私と、
出産したばかりで巨乳になっている姉を
見比べた4歳の娘、

「ねぇね(姉)のおっぱい、大きい!!!
ママのおっぱい、ないー!!」

正直ですよね〜〜。
まぁそれにも慣れましたw

ぜひとも!
私みたいな体験をしたママに
旦那さんの変化をアンケートしてほしいところですね(笑)

世の中の授乳で貧乳になって、
凹んでる人が1人でも多く立ち直れますように〜〜〜!^ ^

==============================================

後談。
エエお話ではないですか!
なんと素敵な夫婦なんでしょうね〜♡

結婚前、恋人同士だった時代は
2人をつなぎとめているのは『恋心』や
『セックス』だったと思います。

これはいわば、条件つきの愛情で、
相手に見返りばかりを求める
自己中心的な感情ですよね。

「もっとわたしを見て!」
「俺のだけの女でいろ!」

相手のことを束縛し、
ことあるごとに嫉妬心が爆発し、
常に相手を所有したい欲が中心。

まぁ、そのぐらい熱い気持ちじゃなくちゃ
恋愛は続かないのかもしれないし、
若さゆえのエネルギーは
それはそれで素晴らしいと思います^ ^

やがて人生のパートナーに出会い、
赤ちゃんが生まれ、
家庭を育み、

いつしか

「見返りなどいらない。
ただあなたがそばにいてくれたらいい」

そういう位置付けで
お互いを思い遣りながら
無条件に与えることのできる愛に
変わっていけると素敵です。

連れ添って何年、何十年・・・
長い年月を経て

パートナーに対して、
絶対的な信用と信頼、感謝の気持ちで
満たされるようになり、
ようやくわたしたちは人として
成長できるのかもしれませんね。

ゆあちゃんママとパパ。
今や2人の絆ををつなぎとめるのは、
恋心でも性欲(おっぱい?)でもなく

本物の「愛」なのですね ♪♪

爆乳はなくなってしまったけど。

ママは貧乳やけど。←しつこいか・・・(´∀`=)

末長くお幸せにね・・・(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/
『amo』は

妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ