HISAKOブログ

反対のおっぱいクリクリ攻撃

chiku 1 - 反対のおっぱいクリクリ攻撃

いつの頃からでしょうか、

おっぱい星人たちはおっぱいを飲むことに
集中しなくなります。

生後3ヶ月ぐらいまでは
一点集中、ありったけの力を振り絞り、
まるでエベレスト登頂をめざすごとく
命がけで飲んでいたおっぱいも、

生後4ヶ月にはすっかり体重も増えて体力がつき、
毎日繰り返し継続してきた授乳のおかげで
おっぱいを飲むテクニックも向上、
アスリートになった赤ちゃんは、
おっぱいを飲む行為にゆとりが生まれるようになります。

余裕ができると人間どうなるかっていうと、

他のことを考えながら、
別のことをしながら、
集中力がなくなって

片手間の遊び飲みが始まります。

ちょうどこの時期に
満腹中枢が完成することもあり、
本気飲み、遊び飲み、甘え飲み、
睡眠導入飲み、惰性飲み、

テレビを横目で見ながら飲んだり、
お口の隙間に指をつっこんで
指しゃぶりしながら飲んだり、
いろんな飲み方のバリエーションを
巧みに使い分けるようになります。

生後半年を超えてくると
さらに授乳姿勢はアクロバティックに!

どんな角度からでも器用に飲めるようになり、
身体の向きを変えてみたり、
脚を伸ばしてママのあごをグイグイ蹴ってきたり。

キュ~・・・っと生え始めの
とんがった歯で乳頭を甘噛みしながら
ママの反応を伺い、ニヤリとほくそ笑むという
悪意に満ちた(?)行動も
見られるようになります。

1歳が近づくころには、
片方のおっぱいを飲みながら
もう片一方のおっぱいを
「出せー!」「触らせろー!」と、
意味不明な要求をし始めます。

家ならまだしも、外出先でも
「反対のおっぱいクリクリさせろぉぉぉぉ~~~~!!」
いや、それ、ほんまに恥ずかしいんですってば。

しかもめっちゃ痛いです。
赤ちゃんの指先、生え始めのとがった歯と同様に
爪が薄いです。

なので、どんなに短く切りそろえていても
縦に入ると、シャキーンッ!!
凶器と化します・・・!

クリクリクリと指先で乳頭を弄られ
(文章だけで見たらエロイな笑)

たまに爪がサクっと入り、
気持ち悪いやら痛いやらで、イラっとします。

「やめてー」

最初は優しくお願いしながら、
反対のおっぱいに伸びる赤ちゃんの手を
さりげなく退けるのですが、

そのママの手を「てぃっ!」と払いのけ、
再びクリクリ・・・
ママの「やめて」は、まるで通じず。
自己中な赤ちゃん。

だんだん
「やめてー」が、
「やめろって言ってるやろっ!」
幼子相手に語気が荒くなってしまうことも。

それぐらい、おっぱいクリクリは
ママの心をイラっとさせます。

1歳1ヶ月のおっぱい星人のママが
まさしくこの〝反対のおっぱいクリクリ〟攻撃に
悩んでおられました。

こんな異常行動をするのはうちの子だけなのでは?

実は1歳前後のおっぱい星人の多くに見られる
とてもポピュラーな行動なので
不思議でもなければ異常でもないのですが、

第1子だと「問題行動だ!!」に
直結して考えてしまうかもしれませんね。^ ^

パパにも「異常だ!」と指摘され、
断乳を考えたほうがいいのだろうか・・・と
悩んでおられました。

子どもは保育園に通っていますが、
家ではおっぱいばかりで、夜中の授乳は数え切れないほど。

よって、朝起きた時点でおなかはチャポンチャポンですね。
朝ごはんなんか食べるはずもなく。( ´∀`)
家での主食は、反対のおっぱいクリクリを伴った母乳です。

でも、保育園では給食は完食です。
おっぱいなしでのお昼寝も完璧。

大きな病気をするでもなく、元気いっぱい。
すでにヨチヨチ歩き始めてもいます。

このような状況で、
おっぱい無理にやめる意味って、
いったいどこにあるんでしょうか?

おっぱいクリクリは、手持ち無沙汰なだけです。
触ってると落ち着く。
大好きなおっぱいを自分だけのものにしておきたい。
ただ、それだけのことですね。

大人だって、
ごはん食べながらスマホ触ったりしませんか?
手持ち無沙汰、触ってると落ち着くってこと
ありますよね。

スマホ依存じゃない人でも、
ごはん食べながらろくに観てもいないけど
テレビつけっぱなしじゃないですか?

1歳児のおっぱいクリクリが異常行動なら、
大人のあなたのその行動も、
異常行動ってことになりますよ。

イラっとするレベルが、
もう我慢できません、限界ですっ!
ってことなら
断乳を考えるべきかもしれません。
なぜなら、子どもにとって一番大事なのは、
長期授乳ではなく、ママの笑顔だからです。

でも、イラっとするレベルが、
まぁかなり嫌やけど、
我慢できんこともないかもしれん・・・
ってことなら、

クリクリされたら過剰反応しないで
「痛いからやめてね」
ひく~いテンションで根気よく伝え続けましょう。

「痛っ!気持ち悪いからやめてって言ってるやろっっ!」

声を荒げると、子どもは

あ♡大好きなママがこっち向いた♡

なんだかおかしな捉え方をしちゃうので
あくまで冷静沈着、なるだけ無表情で伝えてくださいね。

ママにとっては困る、おっぱいクリクリは
子どもの立場で考えれば
喜ばしい成長発達の過程なのです。

あとは、ママの心の奥行きと広がり、
スケールの問題です!

さぁどうする?

もうしばらく耐え忍びますか?
それともギブアップしますか?

いずれ、こんな悩みも過去の産物となり、
懐かしく思い出される歴史となって
ママの心に刻まれるのですよ^ ^

 

 

amazon bar 638x81 - 反対のおっぱいクリクリ攻撃

marshomallow amazon bana - 反対のおっぱいクリクリ攻撃
pomelo amazon bana - 反対のおっぱいクリクリ攻撃

 

 

 

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ