HISAKOブログ

沖縄県うるま市に来ています

life 261x405 - 沖縄県うるま市に来ています

沖縄、暑いです。

もうすぐ11月なのに、
子どもたちはノースリーブで過ごし
海で遊んでいます。

わたしは今回はダイビングはせず、
かといってシュノーケルもつけず、
ふつーの競泳用ゴーグルで海を探索。

熱帯魚のストーカーがわたしの趣味です。
ロックオンされた熱帯魚は大迷惑かもしれませんが、
狙いを定めた子の後ろを
しつこくどこまでもくっついて一緒に泳ぐのが楽しくて~。

波打ち際でパシャパシャしてるだけなら問題ないですが、
陸からちょっと離れたところまで泳いでいく場合には
沖に流されることがあるので
事前に地元の人に安全な場所を確認してからじゃないと
危ないそうです。

海にはいろいろな『流れ』があります。
サンゴ礁海域では、『リーフカレント』という
沖へむかう水の流れがあります。

波は砕けて流れにかわり、
その流れは波打ち際に剃って流れ、
ある場所から沖に向かって流れます。
この流れに乗ってしまうと
どんどん沖へ流されてしまいます。

泳げるもんだから、わたしはかえって危険。
熱帯魚に夢中になって、やらかしそうなので、
旦那さんに1人で海に入ることを禁じられてしまいました。

「家族がいるんやから!」

はい、わかってます。
わかってるけど海が好きすぎて・・・
節度を持って楽しみたいと思います。

さて、今回、滞在しているのは
沖縄県うるま市宮城島。

沖縄本島中部の太平洋側に位置する市で、
伊計島・宮城島・平安座島・浜比嘉島・藪地島の5島が
海中道路や架橋で
沖縄本島と結ばれています。

沖縄方言がヤバイです・・・。

「うるま」は、ウル=珊瑚 マ=島

平安座=へんざ
南風原=はえばる
喜屋武=きゃん
安慶名=あげな

地名がさっぱり読めません。

観光にはまったく興味がないので
ズンズン集落に入って行って、
現地の人たちと触れ合っています。

沖縄らしい佇まいの古い集落に入っていくと、
出会うのはおじいちゃん、おばあちゃんばっかり。

赤ちゃん、妊婦、まったく見ません。

子どもー!
おーい、子どもー!
どこにおるんや!

小中学校、保育園に行かせてもらい、
そこでようやく、
子どもたち発見!
ああよかった、いた。

内地から移住してくる家族もいるみたいですが
宮城島の集落は年齢層高し!
年間を通して温暖な気候だから
長生きできるのかな。

さすがにこの地では
わたしのことなど誰にも知られていないだろうと
リラックスしていたところ

ふらっと立ち寄った洋食屋さんで

「ばぶばぶのHISAKOさんじゃないですか?
そうですよね?
うわー、やっぱり!!」

残念ながらここでも
面バレしてしまいました・・・^ ^

今日はうるま市議会員さんとも
お話しさせていただきました。

出張の目的は、
助産師として、あることを成し遂げたい!っていう
野望のためです。

助産師歴23年。
お産をとっていたのは最初の2年間だけですが、
産後のおっぱいケアや育児相談については
かなりの経験値を積んできたと思います。

このままずっと変化することなく
淡々と天命を務め上げることも素敵だけど、

頭の中にあるわたしの人生の地図は
まだまだ大雑把なので、
詳細を書き加えて仕上げていく必要がありそうです。

未完成の地図を作り上げる行動をやめてしまったら
「自分の限界はここまで」
と決めつけてしまうことになると思うから。

世の中は知らないことだらけで、
限界を作るより、もっと先があるんだよって
思ったほうが、楽しいに決まってます!

自分だけの思考や知識という狭い視野では
地図は未完成のまま終わってしまうかも
しれないから

その旅を楽しんでいくために
わたしが知らない「必要な情報」を得るための
導きが必要です。

わたしの頭の中には、
やりたいことがいっぱいあって、
とりあえず目先は、
熱帯魚のストーカーになりたくて(笑)

でもそれを達成するためには、
自分の解釈を超えて判断できる方法を
知らなければいけません。
そのために、わたしは沖縄にやってきました。

野望はあったほうが絶対楽しいし、
たった一度の人生だから、
無謀な挑戦と笑われることでも
やらずに諦めるより、やってみて諦めるほうがいい。

「HISAKOさん、
海女さんに転職するんですか?」

うん、それもいいね!

「獲ったどー!」
やってみたいです。(笑)

 

amazon bar 638x81 - 沖縄県うるま市に来ています

marshomallow amazon bana - 沖縄県うるま市に来ています
pomelo amazon bana - 沖縄県うるま市に来ています

 

 

 

HISAKO
アーカイブ