HISAKOブログ

『どんと来い!イヤイヤ期』HISAKOセミナー開催します!(ばぶばぶ2F)

iyaiya - 『どんと来い!イヤイヤ期』HISAKOセミナー開催します!(ばぶばぶ2F)

iyaiya melu - 『どんと来い!イヤイヤ期』HISAKOセミナー開催します!(ばぶばぶ2F)

1歳後半から3歳ぐらいの、
日本語がうまく操れない時期の子どもたち。

いわゆる

  イヤイヤ期

「ほんと勘弁してよ〜」とこっちが泣きたくなるぐらい、
ややこしい時期ですよね。

彼らは地球は自分中心に回っていると思っていますから
ひたすら注目を浴びていないと

イヤ!

すべて思いどおりにいかないと

イヤ〜!!

しまいにゃ名前を呼ばれただけでも
振り向きざまに

イヤ〜〜!!!

と、きたもんだ。ゞ( ̄∇ ̄😉

何か手伝ってもらうにしても、
誰にしてもらうのかを細かく指定してきたり、
自分でやろうとしたものの、うまくできずに
逆ギレして

イヤ〜!!

じゃあ手伝ってあげようか?

それも

イヤ!!

じゃあ、どないすんねん?

ママ:そろそろ帰ろうか〜
2歳児:イヤッ!かえらない!

ママ:ママおなかすいたから帰ろうよ〜
2歳児:ダメ!かえらない!
 
ママ:じゃ、1人でばぶばぶにいる?
2歳児:イヤー!かえるぅぅ〜!
 
ママ:じゃあ帰ろ
2歳児:イヤァァァァ〜〜〜〜〜〜!かえらないぃぃぃ〜〜〜〜!
 
助産院ばぶばぶの、
イヤイヤ期あるあるです。
 
張本人たちは大真面目かもしれませんが、
側から見てるとお笑い寸劇のよう(笑)
 
3歳近くの親子のやりとりはもうちょっと高度です。
 
ママ:なんでそんなにイヤばっかり言うの?
3歳児:だってイヤイヤ期だから!
 
・・・この会話、
実は10年後にも聞くことになります。
 
ママ:なんでそんなに反抗するの!
13歳:思春期やから!
 
『イヤイヤ期』って言葉を
知っている3歳児にもびっくりですが・・・(爆)
 
子ども自ら、
開き直りの自己申告。
 
2歳にせよ、13歳にせよ、
自分がめんどくさい年齢だということは
自覚しているのですね。
 
わかってるならやめとくれー!と思いますが、
これらはママの試練だから。
乗り越えるっていうか、
やり過ごすしかないですね^ ^
 
子どもたちが否定語連発で
どんなに暴れ倒していても、
ばぶばぶでは、
みんなとても暖かく見守ってくださいます^ ^
いやぁ、それにしても
よくもまぁ、どーでもいいことで
ここまで暴れられますね。
本人にとっては、
どーでもいいことではないのでしょう。
いちいち、いろんなことが
きっと命をかけた重大項目なんでしょう。
ああ、たいへんだ。
心労お察しいたします。
成長の過程でとても大切な「イヤ」。

少しずつ、排泄の自立が開始される時期。
その頃と時期を同じくして

自分と他人は違う人格の持ち主なんだ

ということに子ども自身が気づくのです。

自分という存在が、他とは違うものである。
ならば、その気づきを周りの人にも知ってもらわなきゃ!!

となるわけです。

「自分」を知ってもらうために、子どもは手段を選びません。
とにかく大好きなママに、自分のことを見て欲しい。
かまって欲しい。
相手が嫌がっていようと困っていようと
そんなことは知ったこっちゃない。

そのあたりが、まだまだ幼いので周りは振り回されて
困惑するのですが、自分が他人とは違うという気づきそのものは、
素晴らしい成長であり、止めるべきものではありません。

だから、イヤイヤ期は、ド派手にあっていいのです!

みなさんの参加
お待ちしています。

セミナーに参加したママの声
お申し込みはこちら・・・
http://bit.ly/2D1qMSQ

-----------------------------------------------------
●お問合せ:mailto:support@babu-babu.org

●電話:callto:0120540524

●担当 松田知世
-----------------------------------------------------

アーカイブ