HISAKOブログ

マミーブレイン(産後ボケ)

妊娠中から産後にかけて
頭が回らない!
記憶力が低下!
仕事でミスが続く!
などなど

わたし、どうしちゃったんだろう・・・

というママたちからの相談が
後を絶ちません。

最近でこそ「マミーブレイン」
というカッコイイ名称で
認知が広がりつつありますが
昔はこの現象を「産後ボケ」と呼んでいました(^◇^;)

わたしは第1子を産んだ1998年には
少なくともマミーブレインという言葉は
まだ存在しておらず

「ボケ」という言葉は
道徳的に問題アリ!
人権にかかわる不適切表現!
という時代の流れもあって、

いつの頃からか、アメリカでの呼び名、
マミーブレインが日本でもメジャーに
なっていきました。

とっさに言葉が出てこなくて
うまく話せない。

相手の言ってることが理解できず
何度も聞き返してしまう。

人の名前が思い出せない。

お金の計算ができない。

活字がまったく頭に入らず
ただ文字を目で追ってるだけ。

物忘れが増える。

注意力散漫になる。

といった症状が次々に現れ
自分が自分じゃないような感覚に
襲われるマミーブレインは
多くのママたちが経験していると思います。

わたしは第1子妊娠中、
急に人と関わるのがめんどくさくなり
職場で他の助産師さんたちと
うまくコニュニケーションがとれなくなりました。

ボーッとして、
患者さんの点滴を交換するのを忘れたり
口頭でもらった医師の指示も
そのまま忘れてしまったり

仕事をする上で
そのうち重大ミスをやらかすんじゃないかと
悩んだのを憶えています。

産後は、買い物に出かけて
買ったものを置いて帰るなんて当たり前。

財布をなくす、
予防接種に母子手帳忘れて行く、
冷蔵庫からなぜか
保育園の連絡帳が出てきたことも
ありました。

赤ちゃんを置いたまま
空っぽのだっこ紐を装着し
そのまま出かけようとしたこともあります。

他にも、歯磨き粉で洗顔する、
印鑑がない!と思ったら手に持ってた、
などなど、ヤバいエピソードは数知れず。

妊娠中の女性の脳をMRIで調べた研究では
最大7%も大脳が萎縮することが
明らかにされています。

7%って大きいです。
記憶力、理解力、判断力などが
大きく低下した状態になりますよね。

なぜこんなことが起こるのでしょうか。

女性の脳はもともと
複数のことに対して
同時にきめ細やかに気配り心配り
対応することが得意です。

ひとつのことに集中して
他のことが見えなくなりがちな男性脳に比べたら
とても器用な脳の使い方ができるのが
わたしたち女性なのです。

ですが、妊娠すると

「あっちにもこっちにも気が散っていては
子育てに集中できないよ!」

脳の中の、
子育てに特化した作業効率や
記憶力の部分だけが
優先的に働くようになり、
その他の部分は休止状態に。

子育てに適した脳に変化するからこそ
ママは赤ちゃんの要求に寄り添った
子育てができるようになるのですが、

現代のママたちはただ子どものことだけ
してればOKな生活スタイルではないので
子育てに関わる思考回路以外のスイッチを
切られてしまうとほんと困ります。

ある意味、子孫繁栄の本能的な
仕組みなのかもしれないけど、
代償が大きすぎる〜!

そもそも人間は
地域や家族、社会みんなに助けられながら
産み育てることが自然である生きもので
核家族やワンオペ育児に
適応する脳は持ち合わせていません。

だから、マルチタスクの連続の子育てをしつつ
家事も仕事も進めていくなんてことを求めても
無謀なんですよ。

妊娠中はマイナートラブルや
行動の制限、さまざまな不安材料によって
安定した体調とメンタルとは言えません。

産後もしかり。
慣れない子育て。寝不足。おっぱいに明け暮れ
わからないことだらけの環境の中、
ホルモンの激変も加わって
マタニティーブルーズもあり
妊娠中同様、ママは不安定です。

心身が安定しているときは
判断能力も正しく働くでしょうけど
不安定なときは記憶力も思考力の低下も
当たり前ですよね。

そう考えると、
マミーブレインは理にかなっています。

昔は、子育て以外のことは
周囲の人たちがサポートしてくれる環境が
整っていたから
今のママたちように「頭が回らない〜!」と
悩む必要がなかったんじゃないかと思います。

ちなみに、ある研究によると
産前産後の女性とそうではない女性に
記憶力や計算のテストを受けてもらったら
まったく差がなく、
マミーブレインは迷信だ!という論文も
多数出ています。

でもそれって、テストのとき
子どもと一緒にいたわけじゃないですよね。

子どものことに意識を裂き
一定の緊張感を保ったまま
同時進行で他の作業はこなせません。

だから、子どもがそばにいる状況でテストをしたら
結果は変わったんじゃないかなと
個人的には思っています。

脳の萎縮と聞くと
ネガティブな印象があるかもしれませんが
産後と呼ばれる時期を脱する頃から
ストレス耐性や記憶力の向上など
脳がバージョンアップすることもわかっています。

個人差はあれど、
マミーブレインは一時的なもの。

わたしは、やらかしたときはいつも
「ごめーん!産後やから!」
と、マミーブレインをいいことに
自分をいたわり許すようにしています。

細かいことは抜きに、
出産から3年経っても10年経っても
「産後」であることには変わりないねんから
この言葉、都合よく使ったモン勝ちです!

産んで育てて・・を繰り返しているうちに
24歳だったわたしは48歳です。
現在産後1年2ヶ月。

今日は保育園のお弁当日だったのですが
見事に頭から抜け落ちて
(手帳に書いて管理してるにもかかわらず!)

朝、先生に指摘されて思い出し、
愛情なんてまったくこもっていない
焦りだけが詰まったお弁当を
慌てて作って園に届けました。

マミーブレインうんぬんっていうより
年齢による脳の機能低下だったりする・・・?(^◇^;)
なんてことが若干頭をよぎったりもしますが

マミーブレインの時期を脱する頃から
ストレス耐性や記憶力の向上など
脳がバージョンアップするというのが事実なら

12人も産んでるわたしの脳は
誰よりもめっちゃ発達して
キレッキレのはずやん?!

って、信じてます!笑

 

hisako making bana - マミーブレイン(産後ボケ)
8170d738b2f123f8f9ba90aa0265b5a4 - マミーブレイン(産後ボケ)
slider pena - マミーブレイン(産後ボケ)
gamakuchi - マミーブレイン(産後ボケ)
one piece - マミーブレイン(産後ボケ)
slider02C 1 - マミーブレイン(産後ボケ)

▼商品に関するお問合せ
ばぶばぶストア
フォーム:https://lp2.babu-babu.org/contact/
よくあるご質問:https://lp2.babu-babu.org/faq/

 

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ