HISAKOブログ

妹ちゃうねん、妖精やねん♡

yousei 1 - 妹ちゃうねん、妖精やねん♡

わが家は子だくさん。

年子、2歳差、3歳差、4歳差、5歳差、6歳差・・・
最大17歳差まで、
各年齢差のきょうだいがいます。

4歳差ぐらいまでは〝ザ・きょうだい〟で
それほど違和感なく上の子も下の子も
一緒に育っていきます。

一般的には5歳差以上になると
〝歳の差きょうだい〟と言われるのかもしれませんが、

わたしの経験的には6歳差でも
まだまだ大丈夫な感じ。

8歳差を超えるぐらいから
親子とも違うし、歳の近いきょうだいとも違う、
不思議な関係になってきます。

上の子にとって、歳の離れた弟妹は
どんな感覚なんだろう?

歳の離れたきょうだいの絆って?

『ととちゃん』は、
『ここちゃん』が9歳のときに生まれました。

現在、ここちゃん小学5年生。
ととちゃん1歳10ヶ月。

ここちゃんの、
ととちゃんの可愛がり方がヤバイです。
見てるほうが恥ずかしくなるほどの溺愛ぶり。

大切にしている私物をグチャグチャにされても
(・・・というか、
わざとグチャグチャにさせる方向に仕向ける)

ごはんをメチャクチャにされても
(・・・というか、
あえてメチャクチャにさせてキュンキュンしている)

顔をビンタされても
(・・・というか、
故意に1歳児を怒らせて喜んでいる)

グズられて長時間抱っこさせられても
(・・・というか、
嫌がられても強く抱きしめ離さない)

とにかく、何をされても許せるそうで
どんな理不尽な仕打ちも
全部嬉しく、悶絶の理由となるのだそうです。

ここちゃんいわく、
これほど歳が離れていると、
妹なんだけど、妹だという感覚はないとのこと。

彼女には他にも
ひとつ下の妹、5歳下の弟、6歳下の妹がいます。

たくさんの弟妹の中で
ととちゃんは特別。

「きょうだいのポジションに
入れたらあかんねん!」

というのです。

じゃあ、どういう立ち位置?
孫?ペット?ぬいぐるみ?

ここちゃんは説明してくれました。

なな(10)→妹
ふうた(5)→弟
のの(4)→妹
とと(1)→妖精♡

ん?
ととちゃんの位置付けが!
なにやらおかしい。

かわいい妹を超越して・・・
家族の枠どころか人間世界のアウトラインさえも
振り切り、異次元界に迷い込んでいるようですが
大丈夫なんでしょうか〜〜〜〜〜〜〜?

ここちゃんにとって
9歳年下の妹は『天から神に遣わされた者』
幸福をもたらす感覚的存在になってしまってます。

雲上人からどんなにわがままを言われても
よだれ鼻水垂らされても
全部、No problem!!
だってととちゃんは、ミラクルガールなんだから♡

何をされても要求されても
『絶対存在』の意のままに鼻の下を伸ばして
追従、動き回るここちゃんは、妖精の奴隷です。

1歳10ヶ月って一般的に
イヤイヤ期真っ盛りでかなりややこしい年頃ですが、
どんなひどい仕打ちにもイライラしないのは
すごいなぁと思います。

普通、ママたちは、この年齢の子どもに
振り回されてヘトヘトになるんやで?

「それは人間やからやろ?
相手が妖精やったら激カワイイだけやん♡」

そうかぁ〜
イヤイヤ期の子どもとうまく付き合うコツは
彼らを人間の子どもと思わないことかもしれません!

そうです!
ここちゃんをまねしてみましょう!
呪文のように唱えてみましょう!

「うちの子は妖精・・・うちの子、妖精・・・」

ちょっとは気持ちが楽になるかも
しれません。^ ^

ととちゃんが10歳になっても、
そのとき20歳のここちゃんは、
言われるままになんでも買ってあげるそうです。

今日の夕食時には〝妖精〟になぜかキレられて
頭から味噌汁をぶっかけられていましたが、
天にも昇る心地で放心していました。

その姿を見ていると
なんだか心配になってきます。(笑)

チヤホヤと甘やかされて
ととちゃんは間違った方向に
育つことが大いに予測されます。

ちなみに〝妖精〟は、
西洋の伝説や物語では自然物の精霊、
人間と神の中間的な、
小柄でかわいらしい存在として描写されますが、

実は東洋では、
妖怪や魔物の象徴としてとらえられています。

ここちゃんには、
〝妖精〟は、天使と悪魔が紙一重やっちゅー事実を
告げるかどうか、迷っているところです。

わが家の妖精は、ダメ人間まっしぐら・・・
行く末は〝堕天使〟やな。

ああ無念。

 

 

amazon bar 638x81 - 妹ちゃうねん、妖精やねん♡

marshomallow amazon bana - 妹ちゃうねん、妖精やねん♡
pomelo amazon bana - 妹ちゃうねん、妖精やねん♡

 

 

 

アーカイブ