HISAKOブログ

係を決める

asobi kakari 244x405 - 係を決める

 

小学生時代のクラスの係活動。
覚えていますか?

保健係、体育係、掲示係、生きもの係などなど
ありましたよね!

うちの子、4年1組では
新学期を迎え、いつものように
係決めをすることになりました。

そこで思わぬことで論争が起こりました。

『みんな遊び係』が
いるかいらないか。

最初は、当たり前のように
『みんな遊び係』が提案されましたが

さぁ、それでは誰がどの係になるか決めよう!
という段階で

「もうこれでいい?
コレとコレ、くっつけた方がいいとか
この係はいらんのちゃうか、とかいうのんない?」

先生が念押しの確認をしました。

すると「みんな遊び係はいらんと思う!」
と意見が出されました。
それは、今まで『みんな遊び』のとき
文句が多くてヤバかったから。
というものでした。

ひとりが言い出すと
次から次へと
「いらんと思います。なんでかというと・・・」

「係が遊びを決めても文句が多かった!」

「こっちのチームのほうが
強い子ばっかり集まってることとかあった」

「みんな遊びやのに、違うことして
勝手に遊んでる子が何人かいてた!」

などなど・・・
『みんな遊び係』は「いらん!」に
賛同する意見が多数出てきたそうです。

2年生のときも、3年生のときもあった
『みんな遊び係』ですが、
ほとんどの子が「いらんと思う!」になびいたため、
4年1組から消えようとしていました。

先生は、
なるべくみんなの決めた通りにしよう
と思っていましたが、

このときだけは

「何のための『みんな遊び』なん?
そんな理由でなくしたら敗けやで!」

と口を出したそうです。

確かに、どの学年、どのクラスでも
『みんな遊び』はよくもめるのだそうです。
理由は、さきほどの子どもたちが言っていたのと同じ。

でも、先生が見ていて感じるのは、
『みんな遊び係』の子も
それ以外の子どもたちも、
せっかくの『みんな遊び』なのに、
せっかくこんないいことを
自分たちで企画してやろうとしているのに
「楽しもう!」という気持ちが
少ない・・・ということでした。

うまくいかないから、やめてしまおう、は
違うと思い、
先生は言いました。

「遊び係になる子は、
どんな遊びにしようか?
チームはどうしようか?
一生懸命考えなあかん!
それが係の仕事やねんから!

そんで、ほかの子たちは、
おもんない、とか、やりたない、とか
文句ばっかり言うんじゃなくて
せっかくのみんな遊びやねんから
協力して楽しまなあかん!

お客さんと違うんやで!」

先生〜
まだ4年生が『みんな遊び』を
するところを一度も見てもいないのに
言っちゃいました(笑)!

それでも、
ここからが10歳のすごいところ!

子どもたちは先生の意見を聞いて
考えがコロっと変わりました!

「いらん」と否定的だった『みんな遊び係』を
やりたい!とたくさんの子が殺到しました。

結局、ジャンケンで
取り合いになったそうです^ ^

いろいろな意見に耳を傾けるって
とても大事なことですよね。
そして、そのいくつもの意見、生き方などを見て
子どもたちは自分なりの答え、
生き方を見つけていきます。

わたしたち大人は
他人のいうことに左右されない、
影響されない生き方をしたい、
周りに流されるのはイヤだ
って思う人は多いと思います。

影響されやすい人は
自分というものがないような印象を
受けるかもしれません。

周りに影響されることは
軸のブレたよくない生き方のように思われがちだけど
わたしはそうは思いません。

「この考え方って本当に正しいの?」

なんて、
保守的に構えてバリアを張り
理屈をこね回し
あーだこーだ批判している間に

新しい価値観、別の見方、自分と違う考え方を
素直に取り入れてみるほうが
人生おもしろいと思う!
世の中、やってみんとわからんことだらけですから!

子どもたちを見習って、
あっちこっちの考え方を受け入れ、
聞く耳を持ちたいです。

自分が知っているのはほんの小さい世界なわけで
まずは感化されてみることで
どんどん知らない世界に出会えることは
間違いないと思います!

受け止める力。
聴く力。
興味を持てる力。

先生の言うことに簡単に感化される
かわいい子どもたちが
大切なことを思い出させてくれた気が
しました。

染まってみて本当にどうしようもないのなら
また離れてみればいいじゃない?

実際に染まってみた経験は
本当のインプットとして
自分の幅を広げてくれるに違いありません。

ーーー後日。

4年1組では
はじめての『みんな遊び』がありました。
サッカー好きの、係の男の子が
「今日はサッカーをします!」

えーーー!
それ、オマエがやりたいだけやんけー!

勝手に決めて
みんなからブーイングの嵐・・・
やっぱりモメたのだそうです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼ばぶばぶインスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ