HISAKOブログ

1/15 NHKテレビ取材撮影 ご協力くださるママ5名限定再募集!

NHK02 - 1/15  NHKテレビ取材撮影   ご協力くださるママ5名限定再募集!

1月15日(水)
ばぶばぶにNHK撮影チームが入ります。

先日、テレビの撮影・取材に
協力していただけるママを募集したところ
たくさんのご応募をいただきました。
ありがとうございました。

さて。
番組の趣旨をもう少し詳しく
お伝えしたいと思います。

今回、NHKから取材依頼を受けたとき、
わたしは今の日本が抱える子育てにおける社会問題に
少しでも貢献したいと思いました。

なので今回の撮影では
ママの層を絞って
撮影にご協力いただきたいと考えています。

募集させていただくのは

『子育ての孤独・不安を抱え
〝今〟悲鳴をあげている心の内をHISAKOに相談したいママ』

です!

上記、当てはまるママを
追加であと5名募集させていただきます。

家族の形が多様化するなか、
『ママの孤独』という背景が注目されています。

幼い子どもへの痛ましいニュースが相次ぎ、
そのたびに議論になるのが
日本のママたちの大半が育児に心細さを感じている
という事実です。

核家族化、都市集中化が進む現代社会でママたちは
社会的なつながりが不安定な状況に陥りやすく、

ワンオペ育児、産後うつ、シングルマザーなど
昔に比べておおらかな子育てがしづらい環境が
あちこちで見受けられます。

かわいいわが子が目の前にいるのに

「助けてほしい」「一人になりたい」
「ママをやめてしまいたい」
「もうイヤだ」「息苦しくて壊れてしまいそう」

情報過多・SNSの普及も相まって、
「よいママでなければならない」
というプレッシャーがもたらすのは、
途方もない子育ての孤独と恐怖です。

イライラが限界に達した時、
虐待してしまう人の気持ちがちょっとわかる瞬間があって
そんな自分を自覚して
背筋が凍るような恐怖を感じることがあります。

わたしは過去に
感情が抑えきれず子どもの髪を掴んで
引きずり回したことがあります。

悪態をついて
手が赤くなるまで叩いたこともあります。

そして、
自分のしてしていることにハッとし、
怖くてたまらなくなりました。

このままエスカレートしたらどうしようと
布団をかぶって一人で号泣したのを憶えています。

「子どもに手をあげてしまった」

「言ってはならない言葉を
子どもに浴びせさせてしまった」

一歩間違えたら虐待・・・
ママたちの悲痛な告白は、ばぶばぶでは
珍しいことではありません。

誰にだって体調や感情、
コンディションの良い日、悪い日があるのに
どんなときでも子育ては容赦なく365日体制です。

子どもの心に
傷をつけてしまうんじゃないかと思うような
非情な言動で罵倒してしまうことは
すべてのママに起こり得ます。

実はとても身近なことなんですよね・・・。

平穏な心で子どもに向かい合いたいのに
1日中怒ってばかり・・・
そんな自分に自己嫌悪。

追い詰められていく彼女たちに
ばぶばぶではどのような声をかけ、
どのように手を差し伸べているのか・・・?

これが番組の趣旨です。

かなりデリケートな部分を掘り下げることになり、
押しつぶされそうな気持ちを
カメラの前で赤裸々に話して欲しいというのは
とても無神経なお願いかもしれません。

だけど、
あなたと同じように苦しんでいるママが
日本中にはたくさんいるのです!

その気持ちは、恥ずかしいことでもなければ
軽蔑されることでもありません。

取材・撮影協力の際、
顔出しNGの方は
どうぞ遠慮なくおっしゃってくださいね。

顔が映らないなら、ざっくばらん隠さず
悩みを相談してもらえるかな・・・?

すべてのママが、
それぞれの置かれた環境の中、
必死に子どもに向かい合っています。

だけど、がんばっても、もがいても
なかなか頭の中で描く親子像には
なれなくて・・・

楽しいばかりではない、
きれいごとでは済まされないのが
子育ての真実ですよね。

ママたちの凍てつく心を溶かしたい!
行き場のない子育ての道しるべを示したい!

そのために、
わたしにできることってなんだろう・・・

日々考えています。

がんばるママたちを孤独から救いたい。
寄り添い、応援したいのです!

上手に子育てできなくても、
ダメなママなんていないんだってことを
声を大にして伝えたいです。

だからどうか、
あなたの辛さ、あなたの苦悩を
歯に衣を着せず1月15日のばぶばぶで
話してもらえませんか・・・?

映像を通して、
何かがキュンと胸を打ったり、
悩んでいるのはみんな一緒で
自分だけじゃないんだなぁと知ってもらえたら
嬉しいです。

今回の撮影では
おっぱいケアなし、育児相談のみの診察も
歓迎します。

おっぱい卒業、赤ちゃん卒業の
お子さまとの関わりを悩んでおられるママも歓迎です。

なお、撮影ご協力に際して
あらかじめご承知いただきたい点は
以下の4つです。

1)ご協力いただいても
  放送尺の関係で放送されない場合があります。

2)診察の前後に取材スタッフより
  インタビューさせていただく場合があります。

3)診察予約いただいたお時間より
  開始が若干遅れる場合があります。

4) カメラマンは男性です。
  おっぱいケア風景撮影では、おっぱいは映らないよう
  細心の配慮をさせていただきます。

以上、ご納得の上
ご協力いただける方は

ばぶばぶサイト内・診察予約フォームより
1月15日の診察予約をお願いします。

▼診察予約はこちら
 https://babu-babu.org/home/care

 

予約の際、支払方法を

『現金払い』

で、選択していただきますが、

感謝の気持ちを込めて
撮影にご協力いただける方には
当日の診察代は無料とさせていただきます。

『診察でのご要望』の欄に

「撮影可能」

と記入してください。

NHKの番組には何度かお世話になっていますが、
どれもとてもクオリティーの高い
素晴らしい番組に仕上がっています。

1月15日、予約枠5名追加
撮影取材ご協力募集です。

『子育ての孤独・不安を抱え
〝今〟悲鳴をあげている心の内をHISAKOに相談したいママ』

どうぞよろしくお願いします!

▼診察予約はこちら
 https://babu-babu.org/home/care

HISAKO
アーカイブ