HISAKOブログ

【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 

Te - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 

事の発端は
妊娠中期の妊婦健診で
「胎盤の位置が低め」
と評価されたことから始まりました。

胎盤が正常より低い位置
(子宮口に近いところ)に付着してしまい、

内子宮口の一部・・・
または全部を覆っている状態を
『前置胎盤』といいます。

通常は、

赤ちゃん→胎盤

の順番で産道を通って出てきますが、
前置胎盤では
胎盤が赤ちゃんより下側にあり
出口を防いでしまうため
どうあがいても出られません。

なので、前置胎盤と診断されると
100%帝王切開でのお産になります。

前置胎盤の原因はよくわかっていませんが、
リスクとしては

・高齢妊娠
・喫煙
・多産婦
・多胎
・不妊治療
・以前に子宮の手術を受けた
(帝王切開・流産・中絶・子宮筋腫など)

わたしは、
流産の手術を複数回経験しています。
それプラス、高齢妊娠、多産婦であることが
当てはまります。

6項目中の半分も
前置胎盤になりやすいリスクが
揃っちゃっているんです。(^◇^;)

なぜ高齢妊娠だと
前置胎盤になりやすいのでしょう。

子宮の内膜が加齢にともなって柔軟性を失い、
硬く薄くなっていて
受精卵が子宮の高い位置(ベストな場所)
にうまく着床できず
ズリズリとずり落ちながら低い位置(子宮口付近)で
ようやく着床する、

ということがあるからです。

また多産であっても
子宮内膜が度重なる妊娠出産で
疲労困憊しているために
上記と同じくベストな位置での着床が難しく、
〝ずり落ち着床〟(勝手に命名)が起きやすい・・・。

産婦人科領域の手術後も
内膜が切除され薄く弱くなっているので
着床しづらいです。

とくに、帝王切開後の妊娠では
前置胎盤が起きやすいことが知られています。

帝王切開の回数が多ければ多いほど
前置胎盤のリスクは急上昇します。

そういうこともあって、
日本では「帝王切開は3回まで」と
言われているんですね。

前置胎盤で怖いのは
妊娠28w以降に、いきなりの大出血!!

『警告出血』といいますが、
内子宮口あたりの胎盤の一部が
剥がれてしまうことによる性器出血です。

出血量が少なければ絶対安静で様子をみますが
出血量が多い場合は
胎児への血液循環が低下して危険な状態になるため
早産時期であれ、緊急帝王切開になります。

予期せぬ自宅での出血が一番こわいので
そうならないように

31w末までに前置胎盤の有無をエコーで評価し、
もしそうだと診断されたら
出血させないように、
おなかが張らないように
できるだけ安静に過ごす必要が出てきます。

状況によっては
少し早めに管理入院として
帝王切開に備えます。

妊娠初期に、受精卵が着床した場所で
胎盤が形成されていくのですが

子宮の上のほう(子宮体)は
内膜が厚いです。

対する子宮の下のほう(子宮下狭部)は
内膜がもともと薄いので

前置胎盤では胎盤ができるときに
血管が子宮内膜を乗り越えて、
子宮の筋層奥深くまでがっちりと潜り込んでしまう
『癒着胎盤』も併発しやすいです。

前置胎盤はエコーで診断できますが
癒着胎盤はエコーではわからず、

分娩してみて
行き当たりばったりで、そのときになって

「胎盤が剥がれないぞ!
たいへんだ、癒着胎盤だ!」

とわかります。

前置胎盤のうち10%ぐらいが癒着胎盤に
なってしまうと言われていて

通常、胎盤は赤ちゃんが出た後に
自然に子宮から剥がれて外に出てきますが
癒着胎盤では子宮の筋層までがっちりと
くっついてしまい簡単には剥がれません。

放っておくと、くっついた胎盤がじゃまして
子宮が収縮できなくなります。
つまり、出血が止まらなくなって
母体の生命の危機に直面することに!

胎盤用手剥離といって
手で無理やり癒着胎盤を剥がす手術もありますが、
なにせ出血量がハンパなくなるので
産科手術の中でもかなり緊張が走る
難しい手術だと思います。

もたもたやってる間に
大出血で手遅れになるリスクがあるため
どうしても剥離できないときは
帝王切開のあと、子宮ごと摘出することも
選択されます。

ということで、
前置胎盤は、ただ帝王切開すりゃ大丈夫〜って
ことでもなく、

出血のリスクが免れないため
あらかじめ妊娠後期から自己血を貯めて
輸血に備えるといった準備も行われます。

だけど、妊娠中期までは
「胎盤の位置が低めだね~」
ということはよくあります。

完全に内子宮口を覆っている
『全前置胎盤』でないかぎり

妊娠が進み子宮が大きくなると徐々に
胎盤が子宮口から離れていって
最終的には好ましい胎盤の位置に落ち着くことが
ほとんどです。

わたしも11回の妊娠で3回ぐらいが
このパターンでした。

今回、12人目でも
妊娠中期に「胎盤低めやな~」と言われても

まぁいつもことやなー
そのうち上がってくるやろ

と深く考えずいたのですが

妊娠後期になっても

「うーん・・・
胎盤やっぱり低いな・・・」

32wを過ぎて胎盤が上がっていくことは
あまり期待できないので

33wの時点で
その現実を受け入れることになりました。

エコーで診た感じ、
内子宮口から胎盤の端っこまでの
距離は2cmぐらいはあるように見える・・・

だとすると、前置胎盤ではなく
正常よりも位置が低いだけの低置胎盤って
評価になります。

だけど、エコーのプローブの角度を少し
変えてみると、見方によっては
一部、胎盤辺縁が内子宮口にかかっているようにも
見えなくもない・・・?

カラードップラーで血液の流れを診ると
内子宮口あたりにやたらと豊富な
血流像がありました。

胎盤が子宮の前壁(妊婦のおなか側)に
付着しているときは
エコーで診やすいのですが
後壁(妊婦の背中側)付着のときは
そもそも診にくい・・・というのもあり、

う~~~~~~~ん・・・
この血流をどう評価するか・・・・(;´д`)

主治医も頭を悩ませていました。

通常、臍帯は胎盤実質の中央に付着しますが
低い胎盤の辺縁から臍帯が出ていて
内子宮口あたりに臍帯があって、
血流が豊富に見えているということなのか?

それとも
臍帯が胎盤実質ではなく卵膜に付着していて、
赤ちゃんの頭の上に、内子宮口を覆うように
臍帯が位置する『臍帯卵膜付着』にともなう
『前置血管』なのか?

通常、臍帯血管はプニプニした
こんにゃくみたいな物質(ワルトン膠質)で
保護されているのですが、

保護されない
剥き出しの臍帯血管が卵膜上を走行し、

卵膜血管が内子宮口付近に存在する臍帯の異常を
前置血管といいます。

臍帯の卵膜付着があるタイプと
二葉胎盤、副胎盤の間の卵膜の表面に
血管走行があるタイプの2つがありますが

どっちにせよ、
ワルトン膠質が欠けて
臍帯血管を守ってくれるクッション材がないので

未診断のまま陣痛が始まれば
剥き出しの臍帯血管は赤ちゃんの頭にグイグイと
圧迫を受けて血流不全となり、
破れたり切れたりしたら
急激な胎児機能不全からの胎児死亡という最悪の結果が
待っています。

破水すれば
卵膜が破れると同時にその位置を走行する
剥き出しの弱い臍帯血管も一緒に断裂します。

つまり、陣痛にせよ破水にせよ
自然に分娩が開始すれば
剥き出しの前置血管は容易に破損し、
大量出血とともに
胎児への栄養と酸素供給がその時点でストップ、
赤ちゃんの生死を左右する事態に発展するという
超ハイリスクな異常です。

前置血管での破水例での胎児死亡率は
なんと60%です。

よって、前置血管の赤ちゃんを救うためには
妊娠中の超音波診断と破水前の帝王切開が必須。

自然にお産が始まる前に、
早めに(35w~37wぐらい)
選択的帝王切開が行われるのが妥当です。

前置胎盤だったら。
さらに癒着胎盤だったら。
臍帯付着位置にも異常があったら。
前置血管だったら。

妊娠中の大出血で
緊急早産になるかもしれないし、

お産事態も母子の命に関わるレベルの
大出血を想定しないといけません。

2週間前、33wで診てもらったときには
『確かに胎盤の位置は低め。
内子宮口付近の血流は
子宮の内膜が本当にしっかりしてるから
そのぶん血管が多く張り巡られているんだと思う。

胎盤も人より大きめで立派。
ということは、
母体⇄胎児の循環血のやりとりがとても多くて
それが内子宮口付近の血管分布が豊富。
それが紛らわしい血流としてエコーで映し出されて
評価しづらかったんだと思う。

前置血管でもなければ、臍帯付着位置も
異常はなさそう。』

という拍子抜けの評価だったのですが

今日、34w5dの健診で
問題の胎盤の位置と
内子宮口あたりの豊富な血流を再評価したところ

やはり低置胎盤に伴う前置血管を
疑ったほうがいいかもしれない・・・
となりました。

前置血管の診断は
超音波診断でしかできません。

低置胎盤では前置血管を合併しやすく
低置胎盤と診断された場合
前置血管の可能性を考慮して
カラードプラーで臍帯付着位置と
内子宮口近辺での臍帯血管走行を確認して
診断の目安とします。

それでも明らかな所見でなければ
確実な評価はできなくて

もしかしたら違うかもしれないけど、
もしそうだったとしたら、
過信して経膣分娩チャレンジして
破水でもすりゃその時点で
赤ちゃんの命はないので慎重にならなければ
いけません。

『可能性』として
低置胎盤に伴う前置血管が
ほんのわずかでも考えられるのなら
よからぬことが起こる前に、
選択的帝王切開で分娩するのが
もっとも安全な選択なのは言うまでもありません。

そして、頸管長もチェック。
この情報は入院すべき時期の判断に役立ちます。

頸管長が2.5cmより短ければ
早期前期破水のリスクが高まるので
早期の管理入院、
早期の帝王切開が考慮されます。

わたしは34w5dで
頸管長なんと4、8cm(めっちゃしっかりしてる!)でした。
子宮口も硬く開大兆候なし。

前置血管ではしばしば
赤ちゃんに栄養や酸素が届きにくくなるので
妊娠週数に対して小さめだったりしますが

34w5d時点で推定2200gと標準的。
羊水量もたっぷり。

以上、総合的にアセスメントして
母体、胎児の両者に
前置血管が原因の合併症は現時点生じておらず、
前期破水(37w未満の破水)や陣痛発来が
起こる可能性は低いと思われます。

このようなケースでは
35〜36wでの帝王切開が妥当な判断でしょう。

・胎児推定体重は標準的
→(臍帯圧迫がない)

・頸管長短縮なく子宮口も硬く閉じている
→(切迫早産兆候なし)

・羊水たっぷり
→(胎内環境は良好)

以上3つの要素から
今後の方針として

37w未満での分娩開始の可能性は
極めて低いと思われるので
「なにがなんでも今すぐ入院管理!」
は医学的適応ではない。
とはいえ、もしも出血したときは救急車で病院へ。
(一刻を争う)

何があるかわからないのが妊娠出産です。

できるだけ早く
入院したほうが安全パイだというのは
間違いありません。

考えて、
1週間の猶予をもらいました。

10月10日(土)
入院。

10月12日(月)
帝王切開予定(36w1d)

12回のお産で、
はじめての帝王切開です!

単に逆子で帝王切開、とか
子宮筋腫があるから帝王切開、とかではなく

前置血管による帝王切開は
産科手術のなかでは緊張感漂う
手術になります。

なので、わたしの置かれている状況は
決して楽観視できるものではないのですが

このブログに細かく説明しているとおり、
自分の身に何が起きているのか
しっかり把握できているので不安はありません。

ドンと構えて行ってこようと思います!

妊婦生活は残すところあと9日です。

うわ〜急いで入院準備しなあかん!!
(まだしてへんかったんかいっ!)

 

bnr LP2900 - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
hisako making bana - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
blog banner - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
marshmallow bana 033 - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
pomelo bana - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
marron bana - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
marron bana - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
amazon bar 638x81 - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
marshomallow amazon bana - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 
pomelo amazon bana - 【帝王切開決定!】低置胎盤にともなう前置血管の可能性 

▼商品に関するお問合せ
ばぶばぶストア
フォーム:https://lp2.babu-babu.org/contact/
よくあるご質問:https://blog.babu-babu.org/faq-2/

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ