HISAKOブログ

CT検査時の造影剤と授乳

yamaru hitsuyo nashi 244x405 - CT検査時の造影剤と授乳

妊娠中であれ、授乳中であれ、
ママだって人間です。

病気をすることもあれば
さまざまな検査を受けなければ
ならない事態も起こり得ます。

先日、ばぶばぶに通院中のママが
CT検査を受けることになりました。

赤ちゃんはまだ生後2ヶ月。
母乳で育てていますが、
まだおっぱいは軌道に乗っておらず
しばらくは注意深く頻回授乳を励行していかないと
おっぱいトラブルをしょっちゅう引き起こすような状態です。

「病院でCT後48時間は授乳をやめてと言われました。
どうしたらいいですか?
搾乳すればいい?」

CTやMRIでは、
造影剤を使って検査をすることがあります。

造影剤とは検査する部位を
より詳しく調べる目的で使用するお薬です。

通常では見えない血液の流れや、
血管の臓器への広がりなどを見ることができ、
また、造影剤が時間的にどのように流れるかによって
病変部位の量的な診断ができます。

CTの一般的な造影剤は『水溶性ヨード造影剤』です。
静脈から注射され、血液と一緒に循環して、
最終的に腎臓で血液から尿へと流れていきます。

MRIの一般的な造影剤は『ガドリニウム造影剤』
これも血液と一緒に流れて
腎臓から出ていくのは同じです。

薬剤添付文書では、
授乳中の女性がCTやMRIの造影検査を受けた後は
一定期間の授乳禁止を勧めていて
CTでは48時間、MRIでは24時間としています。

その科学的根拠は?

CT造影剤では「ラットの実験で乳汁中に排泄される」
MRI造影剤では「ヒト母乳中へ移行する」

添付文書に書いてある情報は
実はたったこれだけ。
具体的な記載はないんですよね〜。

24時間やら48時間やら、
いったいどこから出てきた数字なんだか?
具体的な厳守時間を提示するにはまったく不足な
情報量だと思います。

ちなみにアメリカ放射線専門医学会では、
CTやMRI造影剤が母乳を介して赤ちゃんに移行する量は
極めて微量なため、検査直後から授乳しても
安全であると勧告しています。

点滴で静脈から注入する造影剤の母乳への移行は、
投与3〜6時間後に母体血中濃度がピークとなり、
その後、母体から排泄されるスピードは
とても速いです。

注入24時間経った時点の乳汁移行量は
ほんの微量、母体投与量のたった約0.5%。
また、造影剤入りの母乳を飲んだところで
赤ちゃん消化管からの吸収はほとんどなく
0.1%未満だということが判明しています。

なので、
造影剤を含んだ母乳を飲んだ赤ちゃんの血中への移行は
検出限界以下という結果が出ています。

それはすなわち、
母乳を通して母体に投与された造影剤が
赤ちゃんに影響することはないことを示しています。

結論は

『造影剤使用のCTやMRIのあと授乳をやめる必要はない』

ですね!

実際、ESUR(造影剤ガイドライン)にも

「造影剤投与後すぐに授乳しても
まったく大丈夫なんだよ〜」

と記載されています。

でも、残念ながら放射線科のお医者さんは、
母乳のことをよくご存知ないのが現状です。
よく知らないからこそ、添付文書というマニュアルに書いてある通り
「48時間一時断乳」と、いとも簡単におっしゃいます。

授乳中=検査は受けられない
授乳中=薬は使えない

そんなふうに信じきっているママが多いですが
体調が悪いのに我慢する必要はないです。

ママの検査や治療を行いながら
赤ちゃんへの授乳を継続していくことは
たいてい可能なので

必ずしもお医者さんの意見を
鵜呑みにしないでほしいなぁと思います。

完全母乳で育てているママと赤ちゃんにとって
授乳はとてもとても大切なものですよね。
「一定期間断乳ね」と言われて
そう簡単に「ハイそうですか、わかりました」
ってわけにはいかないのが現実です。

「48時間はトイレに行かないでくださいね」
「ハイわかりました」

48時間トイレに行かないなんて
生理的に無理やん〜〜〜〜!
おっぱい育児中のママと赤ちゃんにとっての
一時断乳とはそれ同等レベルの緊急事態の話だと思います。

ちなみに授乳と薬に関しては
『成育医療センターの妊娠と薬情報センター』のサイトが
役に立ちますよ♪

 

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

▼ばぶばぶインスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/

▼HISAKOツイッター
https://twitter.com/babubabu_voice

HISAKO
アーカイブ