HISAKOブログ

ななの宿題3(自閉症スペクトラム)

N03 1 - ななの宿題3(自閉症スペクトラム) 

わが家の6年生、ななちゃんは自閉症スペクトラム(ASD)という
発達障害を持っています。

一見、どこにでもいる小学6年生ですが
じっくり会話していると、ときどき
6年生の女の子にしてはちょっと幼いかな?という気も
せんでもない・・・かな?
という程度の違和感です。

学校は今のところ楽しく通えていますが、
しょっちゅう些細なことにキレて家に帰ってきます。

友達とのちょっとした会話の中で、
悪口を言われた、と認識してしまったり、
馬鹿にされた、と勘違いしてしまったり・・・
冗談が冗談にならず、人格否定されたと感じてしまうので
いつも神経を研ぎ澄まし、傷つかないように
自分自身を守らなけばなりません。
自室でクールダウンし
1時間もしないうちに気持ちを切り替えて学校に戻ります。
きっと人一倍、警戒体制、ストレスいっぱいの日々を送っているだろうに。
自分のいるべき場所をわきまえて気合いで
学校に戻っていく後姿は本当にかっこいいです。

授業は、興味のあることは参加できますが、
あまり好きではないものについては
「なぜそれを学習する意味があるのか?」余計なことを考えてしまうため
答えが見つからない場合は参加できません。

目だけで参加する。
耳だけで参加する。
何かほかのことをしながらときどき顔をあげて参加する。

彼女の授業スタイルは独特ですが、
わたしは、「できることをする」で構わないと思っています。

ななのような発達障害のある子を
無理をさせて集団教育スタイルに合わせようとした結果
心身に大きな負担がかかってしまうことも多々あると思います。

子どもって本当に、一見何も考えていないようで
実はいろいろ考えています。

な~んにも聞いていないようで意外と聞いてるし、
何も見てないようでちゃんと見てる。
傷ついていないようで、実はかなり繊細。

だから大人は、
子どもの意思や気持ちに
もっと耳を傾けていく必要があるんじゃないかと
思うんですよね。

つい、大人は、
みんなと同じように授業に参加し、
みんなと同じようにコミュニケーションし、
みんなと同じように・・・
そればかり望んでしまいますが

ななは、クラスで一斉一律に行われる
日本の小学校の伝統的な授業スタイルに
たまたま合ってなかった。
彼女の得意な学び方とは違った。

発達障害がわかってしばらくは
みんなと違う、みんなと同じができない
そのことがわたしは母親として苦痛で不安で
ものすごく落ち込みました。

でも今は、
ただそれだけのことやん~!って思えるようになりました。

ちょっとした合理的配慮を重ねてあげることで
彼女が持っている力をしっかり開花させることができることにも
気づき、すっかり楽になりました。

ななは6年生現在、
通常級の授業は気分が乗ったときは参加。
乗らないときはその場にいられるだけでもOK。
それもしんどいときはクールダウン部屋に逃げるのもよし。

テストも気分が乗ればやる。
先生と一緒に問題を解くこともあれば、
別室テストや試験時間延長、
テストのテイクアウト(自宅でする)
代読、代筆、プリント持ち込みなどなど、
さまざまな合理的配慮をお願いしています。

それを「ずるい」とか「不公平」だというのは
自然妊娠が難しい人に「不妊治療をするな!」っていうことを
求めるのと同じだと思うのです。

そして発達障害に気づかれずにいる子も多い中で
親と学校の理解やサポートを得られているななちゃんは
ラッキーな子だと思います。

12歳になった彼女、最近は、
テストをやってみよう、
授業を受けてみよう、
彼女なりにがんばろうとする姿勢が見られます。

でも、それに対して
「わからない」「難しすぎる」
「みんなが自分よりできる」
ことに対して、テンションが下がるようです。

時折、やる気になって
黙々と問題を解いていた手が突然止まり、
髪をかきむしって怒り出し、
宿題プリントをぐちゃぐちゃに丸めてポイっ!
途端に全身にストレス性のじんましん~!

ということがときどきあります。

「テスト返しのあと、友達が100点だったことを
自慢してきて嫌だった・・・」

先日、たったそれだけのことで彼女は傷ついて
学校を飛び出し家に帰ってきてしまいました。

ASDは基本的に空気が読めません。
いやなことはいやだし、したくないことはしたくない。
っていうか、できません。

英語の授業は受けません。
テストは丸めて投げるものです。
つまらなくなったら授業とは無関係のお絵描きが始まります。

ある意味、自分の意思がハッキリしていて
周囲に流されない強い軸があります。

他人が自分をどう見ているかがあまり気にならないので
授業中に平気で他のことに熱中したりできるし、
宿題もやりたくなければやらないし、
輪を乱す行動が平気でできちゃうわけです。

だから、周囲からなにか勉強や成績のことを言われても
ななはそんなに気にしないんだろう
と思っていました。

ずっと、やりたくないことに対して
モチベーションをあげ、気持ちを切り替えて取り組むことが
苦手な小学校生活を送ってきましたが、
最近、そうでもないようなのです。

学習面の力が向上してきたことや、
年齢を重ねるごとの、彼女なりの発達によって
周囲からの何気ない言葉や表情の意味がなんとなくわかるようになり、
今までにはなかった、後ろめたさや悔しさなど
感情が揺れるようになってきたようです。
(それはある意味、成長だからOK!)

小学校5年間の間に定着してしまった
「みんなと一緒にできない子」という自分のイメージが
今の彼女の足を引っ張っているようにも見えます。

自分に合った方法ならできることに気づいた彼女は
今までの自分自身にも憤り、ひとつの小さなミスから
過去のミスや失敗体験のイメージが
次々に芋づる式に思い出されて
何度もそのときの嫌な気持ち、悔しい気持ちを
味わい直してしまうのかもしれません。

彼女にとっては新たに出てきた苦悩でしょうけど、
わたしは、成長だな~すごいな~がんばれーって
陰ながら応援しています。

過去の自分に負けないでほしいし、
時間をかけて大事に育ててきた
学びたい気持ちの芽がつぶれてしまわないように。

学習という部分を合理的に判断するなら
家で勉強したほうが効率がいい
というななだけど、

みんなと同じ学校で、同じように勉強することで
学べる大切なことがたくさんあります。

『学校』『友達』からしか、
得ることのできない素晴らしいモノの数々は、
やっぱり何も変え難く、本当に貴重だと感じます。

今の日本の子どもたち。
35年前、わたしが小学生だった頃と同じように
大人数の教室で一斉に前を向いて座り
教科書の順にそって一律に進められる授業を受け、
宿題は相変わらず音読、漢字ドリル、計算ドリル。

高学年になると「自主学習ノート3ページ」
など、自分で課題を決めて自由にノートを埋める宿題が
出されるようになり
子どもの『やりたいこと』が宿題に出されることには
よい方向への時代の流れを感じますが

『自学ノート』
それもASDのななにとっては
抽象的すぎて、どう動いていいのかわからず、
わからないから不安になる=やりたくなくなる

で、結局、親依存の宿題になってしまい
そこに自主性はナシ・・・という
よくわからない事態になっています。

もちろんこれらの宿題の方法のすべてが
悪いってことではありません。
伝統的な教育方法が「合っている」子も
多数いると思います。

でもそれが合わない子だって、
もはや例外的とはいえないほど
一定の割合の人数、通常の教室にいるんだよー!!

小学校の先生たちが、毎日夜遅くまで残業しながら
がんばってくださっているのは知ってます。

なので、親と現場の先生たちの努力だけでは
これ以上に期待できることには
限りがあるようにも思います。

一律に
『みんなと同じように』が強く求められる社会の中では
発達障害の子に限らず、
個性が強く、人と違った発想ができる子、
特定の分野に高い好奇心、探究心が持てる子、
自己主張ができ行動力がある子ほど
辛い思いをしがちなのではないでしょうか。

本当に学びたいことを、
専門の教育機関で学べるチャンス。

苦手さや成績表や学歴が彼らの
足を引っ張ることがない社会。

すべての子どもたちが否定されることなく
毎日をイキイキと過ごせる場所。

日本の特別支援教育は欧米より30年遅れていると
言われています。
子どもたちが、日々成長し続けていくのを
大人の都合で待ってはくれません。

発達デコボコのある子たちをはじめとする、
個性の強い子どもたちに
それぞれの長所を活かす、伸ばす支援教育や
ひとりひとりのニーズに合わせ、多様な学び方を
受け入れる公的な受け皿が整う日は来るのでしょうか。

どうか、宿題を極端に嫌がる子を
「できない子」「だめな子」と決めつけないでください。

その子に合った学び方があるはずで
その方法さえ見つけたら「できる子」なんです。

うちの6年生、ななちゃんはもうすぐ中学生です。
上6人の兄姉とは全然違うけど

目先の、
「宿題やるかやらないか」
「テストを受けるか受けないか」
では、表現しきれない旺盛な好奇心や探究心、
そして学びたい気持ちをしっかり持っていますよ!

 

hisako making bana - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
blog banner - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
marshmallow bana 033 - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
pomelo bana - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
marron bana - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
marron bana - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
amazon bar 638x81 - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
marshomallow amazon bana - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)
pomelo amazon bana - ななの宿題3(自閉症スペクトラム)

▼商品に関するお問合せ
ばぶばぶストア
フォーム:https://lp2.babu-babu.org/contact/
よくあるご質問:https://blog.babu-babu.org/faq-2/

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ