HISAKOブログ

骨折の次は・・・

kossetsu 244x405 - 骨折の次は・・・

ちょうど1週間前の月曜日
わたしは左足の指を5本も(笑)骨折しました。
(詳細は http://blog.babu-babu.org/hisako/too-much-thought/

骨折した夜はあまりの痛みでろくに眠れないまま
朝を迎えましたが、
翌日には痛みも少し和らぎホッ・・・
今夜は眠れるかな〜
ほっこりした気分でお布団にもぐりこみました。

前夜が寝不足だっただけに
すぐに深い眠りに。

が、事件は再び起きたのです!!

深夜2時。
骨折したのと反対側の右足の甲に
何かが乗っかっている感覚がしてハッと目が覚めました。

布団でもない。
子どもの脚でもない。
ひんやりしていて、軽くて・・・長い・・・?

本能的な緊迫感を伴う
なんともいえない嫌悪と恐怖のかたまりのようなその皮膚感覚は
反射的にわたしの脳に送られ、
そのシグナルを受容した思考シナプスは電光石火で連結!

状況の憶測的判断、事態の認識が完了するまで
秒速だったと思います。

エンジン全開で、脳は瞬間技で覚醒!
ドーパミン大量放出!

わたしの右足に乗っかっている『モノ』

それは、たぶん・・・・
いや、たぶんじゃない。
間違いなく『アイツ』だという確信でした。

ひゃぁわたたふぉぞわぎゃああ〜〜〜〜〜〜っっっっ!!!!

この世のものとは思えない
断末魔の声をあげました。
心臓が飛び出るかと思いました。

あし、あし、あし、あし〜〜〜〜〜!!!!

前日に骨折したばかりだったので
パートナーはとっさに
折れた方の足が痛いのかと思ったようです。
(ちゃうわ、アホ!)

人間って、恐ろしすぎると破壊的な声は出ても
体は固まってしまうのですね。
ショッキングすぎて、恐怖すぎて、
現実を直視することができません。
自分の足元・・・目をやることができません。

飛び起きたパートナーが
目にも止まらぬ速さでわたしの足の上の『アイツ』を
布団でパーン!!と払い除けました。

その瞬間
右足指に、焼けるような激痛が走りました。

耐え難い痛みにもだえるわたしの足元で
パートナーは『アイツ』と格闘しています。

「あかん!逃げられた!!」
(逃すなよ、ボケ!)

逃げられたとの情報が耳に入ってきたからには、
眠っている子どもたちを犠牲にするわけにはいかない!

母は強しです。
反射的に10ヶ月のととちゃんの上に
四つん這いになって覆い被さりました。
(わたしカッコイイ!)

その間にも足指の痛みはどんどん強さを増していき、
なんだかよくわからない悪寒と
なんだかよくわからない発汗と
呼吸もうまくできない感じになってきました。

ぐっすり眠っている子どもたちを叩き起こして
安全な別部屋に避難させてから
パニックになりながら『アイツ』に噛まれたときの対処法を調べました。

・『アイツ』の毒は熱に弱いので
噛まれたらなるべく早く43度以上の熱めのお湯で
10分以上毒を洗い流したあと解熱鎮痛剤内服

・『アイツ』の毒はスズメバチの毒に匹敵する(こわっ!)

・呼吸困難や高熱、嘔吐の症状があった場合は救急車を呼ぶ

真夜中に、刺すような痛みと戦いながら
収集した情報に忠実に行動。

数時間後、ようやくちょっと痛みが引いてきて
救急車騒動にはならずに済みましたが
またしても眠れない夜を過ごしました。

アレが自分の足の上に乗っていたなんて
こわすぎるし、気持ち悪すぎるので
もう終わったこととはいえ、
振り返るのはめっちゃ勇気がいることなんですけど

左足指、骨折れる。
右足指、噛まれる。

両足ブブー××
ですやんーーーーーーーー。(ー ー;)

これってなんやの?
わたし、なんかに呪われてるんやろか?
なんかよくないモノが憑いてるんやろか?
お祓いでも行ったほうがいいんかな?

『アイツ』は生理的に嫌いやけど、
ネガティブな思考はもっと嫌いなので、
『アイツ』のポジティブ情報はないものかと調べてみました。

ーー『アイツ』
漢字で書くと『百足』。
なんて読むかというと『ムカデ』です。

おぉぉぉ〜〜〜〜〜
これを書いてるだけでもゾっとするっ!(ー ー;)

二本足のわたしから見ると
なんであんな足があるねんっ!とか思ってしまいます。

漢字のごとく、無数の足を持っていて
黒光るいくつもの節がつながるスレンダーなカラダ。
足や頭部はオレンジ色で、いかにも毒々しく
外見はインパクト強すぎ!です。

強靭なアゴを持ち、肉食で、ゴキブリなどを捕食します。
ときにネズミやコウモリなど、自分より大きいものを
捕獲して食べることもあるのだとか!

動くものに機敏に反応し、攻撃的に噛みつくことで
戦いを挑んできます。

ムカデの力は、自分より大きな者と戦う力。
後退しない勇気です。

わたしがムカデに噛まれたのは、
近い未来にわたしに対する強大な敵があらわれることを予期し、
それに対し、わたしが引かずに戦うことを
教えてくれているのかも?

そして、その戦いに勝利できることも
示しているのかも?

敵って誰だ?
わたし自身か?

と。
都合よく、キレイめに考えてみる。^ ^

気持ち悪いし、噛まれてめっちゃ痛かったけど、
ムカデから見習うところもないこともない?
のかもしれません・・・(無理な解釈だろうか)

勇敢で強い力を持つムカデは
あんなにキモいのに、神の使いとしても知られているそうです。
七福神の一人、毘沙門天(びしゃもんてん)の使いは
ムカデなのだそうです。
(あんなにキモいのに、なぜだ!!!)

もう、こうなったら
さらにムカデをほめてみますけど!(もうヤケクソ)

ムカデの動きってすごいと思います。(キモすぎるけど)
うちは田舎なので、夏になるとときどきムカデに遭遇しますが
あれだけいっぱいの足をよくもまあ
見事に使い分けてスムーズに移動していくこと!

どうやってムカデは
あれだけたくさんの足を絡まらないように使いこなせるのでしょう
わたしにはできそうもありません。

前から○番目の足の動きはどう意識して、
▽番目の足はどのタイミングで引っ込めるのか?

たくさんの足(百足)のうち、
たった一足の歩調や歩く方向が違っても、
前に進むのには支障が出ますよね。

困難や問題に立ち向かうには、ムカデの足のように
軸をグラつかせることなく、
自身の心を一つにして
堂々と前を見据え、ズンズン進むことが大事なのかもしれません。

そんなことを考えていて
考えすぎるわたしは、
またどうでもいいことを思いついてしまいました。

親は、子どもに対し、規則やルールを設けたりして
身勝手な振る舞いを制限することがあると思います。
親子という小さな社会、
幼稚園や小学校という社会、ママ友社会・・・

その集団をうまく機能させるためには、
みんながルールを守るというのは必要なことですね。

でも、あまりに規則やルールで縛りすぎると
子どもたちは個性を失ってしまいます。
自由な選択、自由な行動、自由な思考を
親が奪ってしまうことになりかねません。

親の価値観を押し付けて
規制しすぎたりレールを敷きすぎて
子どもたち自ら考え判断する機会を与えないと
無限大の可能性を秘めた、彼らの輝く力の原石は
十分に磨かれないまま埋もれてしまうことでしょう。

かといって、すべて子どもの自由な判断に任せても
親子の想いがてんでバラバラな方向に散らばり
信頼関係は崩れてしまいます。

すべては、バランス。
ムカデのように、それぞれの足が置かれた状況を
冷静に判断して適切に動かすことで

どんな地形、環境でも
子どもはスムーズに進んでいくことができるのでしょうね。

ムカデに噛まれたおかげで
学ぶべきことは数多くありそうです。
(あ〜〜悔しいったらありゃしない)

わたしはまだまだ、自分が置かれている小さな社会の中で、
些細なことに過剰反応してしまったり
考えすぎて自滅したりして
「後退しない勇気」という域には
到達できそうにありませんが

体を張っても、
大切なことに気づけたということで

「ムカデさんありがとう」

(無理しなくていいぞ、わたし)

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

▼ばぶばぶインスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/

▼HISAKOツイッター
https://twitter.com/babubabu_voice

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ