HISAKOブログ

ラブレターの返事 男やろ!ふうた!

Fuu - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!

3月はじめ。
全国一斉休校が決まった翌日は
急遽、今年度最後の登校日になりました。

その日、
1年生ふうたがクラスの女の子に
手紙をもらって帰ってきました〜!!!(◎_◎;)

「なんかなー知らんけど。
帰ろうと思ったら、ふーちゃんの机の上に
お手紙ポンって置いてあってん」

おおおおお〜〜〜

なになに?
ラブレター?(*’▽’*)

ちょうどそのとき、
長女すずちゃんの友達(20歳)が
遊びに来ていて、恋の悩み相談を聞いていたんです。

好きな人がいる。
でも、そうやってアプローチしていいかわからない。
勇気もない。

20歳女子は自分に自信がなく、消極的。

それに比べて7歳女子の
堂々たる積極性とまっすぐな表現力よ!!!(見習え〜!)

ふうたは、この春沖縄へ転校します。
大阪の小学校への登校は
残すところカウントダウンの3月、
急転直下の一斉休校でした。

ゆずほちゃんはきっと、
ふうたにもう会えなくなるから、と
想いを手紙にして渡してくれたんですよね♡

さぁどうする、ふうた。

彼女の想いに誠実に応えるのが男やぞ!!
もちろん返事書くやんな?

な?????

返事書かんとか言う日にゃ、
おまえサイテーやぞ!
わかってるやろな?

あ?????

ラブレターもらっただけで
なんでこんな
姉ちゃんたちに寄ってたかって
威圧的に攻めたてられなあかんのかわかりませんが、

ふうたの意志もそっちのけで
ゆずほちゃんに
お返事を書く(書かされる)ことになりました。

机に向かって
悩みまくること30分。(笑)

ふうた:・・・なんて書いたらいいん?

すず:   自分で考えや
           「お手紙ありがとう」やろ?

ふうた: あーわかった・・・

ようやくえんぴつが動き出しました。

『ゆずほちゃんへ
 おてがみありがとうございます』

すず:   「ありがとうございます」ってなんやねん!
           他の人が言ったまま書いて渡しても
           ゆずほちゃん嬉しくないやろ?
           ちゃんと自分で考えや!

ふうた:  えーーーーーーー・・・
      うーん
      う〜〜〜〜〜〜〜〜ん・・・・・

      う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(´;ω;`)

2時間経過。

集中力続かず、
座っていられず、床にベターと寝転びながら
う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
うなり、もがき苦しむ、ふうた7歳。

ここ(12歳):  うーんうーんって、うるさいねん!
          書かんのやったら先にお風呂入ってこい!

姉ちゃんたちは厳しいんです。
愛のムチ?
いえいえ、単に
めんどくさい弟への総攻撃ですね。(笑)

お返事書かなあかんのわかってるし、
でもなんて書いたらいいのかわからへんし、
姉ちゃんたち優しくないし。

みるみる涙がたまってきて、
くらげのように全身脱力
ふうたはもう、グダグダです。(限界)

なな(11歳): どうせなんも書かんのやろ?
         なら行けや!

あまりにも姉ちゃんたちの攻撃が
激しすぎて、さすがに弟がかわいそうになった
すず(20歳)が仲裁に入ります。

すず:   「なんて書いたらいいん?」じゃなくて
           自分がどういう気持ちなんか
           教えてや。

ふうた:  ううううー

すず:    どう思ったん?ゆずほちゃんに手紙もらって。

ふうた:  ・・・・・

すず:   嬉しかったん?
      興味なかったん?
      嫌やったん?

ふうた: ・・・興味なかった

マジかーーーーー!
オマエは男としてサイテーか!!(爆)

 

すず:   そうかー興味なかったんか。
      じゃあどうすんの、返事書かんとくの?

ふうた:  すずちゃんと一緒に書く・・・

書くんかーーーーい!(笑)

すず:   じゃあ自分の気持ち言ってよ。
      言ってくれんのやったら、
         

      「おまえおもしろい女だな
       オレもおまえのこと見てたぞ」って書かせるぞ!

それ聞いて、
鼻水垂らして泣きながら笑い出すふうた。(機嫌なおる<単純)

さて、ここから
手のかかる13歳年下の弟に、
すずちゃん恋愛レクチャー開始です。

ゆずほちゃんの手紙を1行ずつ
読み進めていきましょう。

【1行目】
「いつもあそんでくれてありがとう」
どう思う?
→いいよ

【2行目】
「またいっしょにあそぼうね」
→いいよ

【3行目】
「おきなわいってもがんばってね」
→がんばる

【4行目】
「ずっとずっとともだちだよ」
→んー・・・

【5行目】
「大すき。」
→えーーーーー・・・・(´;ω;`)

そこでつまずくんか!

罪な男め。

すず:  「ずっと友達だよ」って言われて、
      おまえのことなんかすぐ忘れるわボケ!と思うんか、
      

      ずっと友達?はぁ?と思うんか
      うん、ずっと友達だよ、って思うんかどれなん!

ふうた:  んー・・・

すず:   じゃあさ。例えばいっくんに「ずっと友達」って
      言われたらどうなん?

ふうた: えー嬉しい。

すず:   ゆずほちゃんに言われたらどうなん?

ふうた: んー・・・

 

つまり、ふうたは、
毎日学校で、いつも一緒につるんで
ふさげあっていた友達ではない
クラスメイトの女の子に
「ずっと友達」と言われて困ってしまったようです。

だから何を書いていいか混乱して
わからんかったのですね。

単純というか、なんというか。
7歳男子の頭の中はなかなかオモロイです。

すず: 大好き、言われて
    嬉しいんか、嬉しくないんか
    どっちかって言ったらどっち?

ふうた: 嬉しい・・・?

なんでそこでクソ真面目に
「?」がついちゃうのでしょうね。(笑)

すず:  あのな、ふうた。
     世の中には、本音と建前っていうのがあってな。
     日本人はちょっとでも「嬉しい」と思ったら
     それはもう嬉しいで片付けてええねん!

難しい哲学を語っております、20歳。

ここでいきなり、
すず&ここの、即興ショートコントー。

ここ:   プルルル〜プルルル〜

すず:   あ!
      いつもお世話になっておりますぅ〜♡

      な?
      日本人はこういう心が大事やねん、
      わかるか、ふうた!

わからんやろ。
ふうた、目テンやで。

すず:   だからな!
     「嬉しい」はウソじゃないんやから、
      返事は話を盛れ!って言ってんねん!

ふうたが必死で考えて
やっと書き綴ったゆずほちゃんへのお返事
所要時間3時間強。

ゆずほちゃんのお手紙の
最初の3行に関してはちゃんと触れてありますが

4行目は、
すずちゃんに教えてもらった日本人の心得、
『建前』を発動させ、

5行目に関しては7歳男子の脳みそでは
処理しきれなかったようで
なにげにスルーしたまま完成したのでした。(笑)

一斉休校決定からその後、
今学期最後の登校日は
3月24日(火)の修了式となりました。

ふうたよ、
ゆずほちゃん本人に、
堂々と手渡しで、
この手紙を渡してくるんやで!

おまえは男だ!
コソコソするんじゃないぞ!

 

bnr LP2900 - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
hisako making bana - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
marshmallow bana 033 - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
pomelo bana - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
marron bana - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
marron bana - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
amazon bar 638x81 - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
marshomallow amazon bana - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!
pomelo amazon bana - ラブレターの返事 男やろ!ふうた!

▼商品に関するお問合せ
ばぶばぶストア
フォーム:https://lp2.babu-babu.org/contact/
よくあるご質問:https://blog.babu-babu.org/faq-2/

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ