HISAKOブログ

トイレの男の子

babu babu WC 280x405 - トイレの男の子

助産院ばぶばぶは、築88年の古民家です。
戦前に建てられた古き民家は、
わたしが知らない昭和時代を生き抜いてきました。

3年前、この古民家に出会ったときは
廃墟も同然でした。

床が抜け、床下の土がむき出しになっていたり
過去にはおそらく畳だったのか
ささくれ立ったイグサのようなものが
ゴワゴワにかたまっている箇所があったり。

ガラスは割れ、柱は朽ち果て、
障子は飴色に変色し、
庭は無造作な土と雑草が生い茂り・・・

そりゃもう〜
エライことでした。

年号が平成に変わる頃からは空き家になり
放置されたままだった廃墟同然の古民家は
リノベーションによって見事な和モダンの助産院ばぶばぶに
生まれ変わりました。

今でこそ、たくさんの赤ちゃん、
妊婦さん、ママたちが集う、
憩いの場になっていますが、

いろんな人間模様、
いくつもの季節、
変化していく街並み、

物言わず、ただ悠然と
古民家は時代の波を潜りぬけ
身を預けてきたのでしょう。

わたしより、
ずっとずっと長い年月
歴史を歩んできた古民家だから、
その時代に寄り添って
たくさんの人との関わりがあったかもしれなくて
笑ったり泣いたり苦しんだり喜んだり、
88年間のいろんな人たちの
紆余曲折を見守ってきたんだろうなぁ・・・と
思います。

ばぶばぶには、
古いゆえに今も何かが棲み着いていても
おかしくないような気がします。

例えば
屋根裏には、ネズミさんが住んでるかもしれないし、
床下には、虫さんたちも
いっぱいいるかもしれないし(ヒャァ〜〜!!)

トトロだって、まっくろくろすけだって
棲んでるかもしれません。

とある夕方、
その日ラストの診察だったママが
帰り際にトイレに立とうとしました。

トイレのドアに手をかけたとき

中から

「☆★▽○※×・・・・!」

2~3歳ぐらいの男の子の
楽しそうな明るい声がしました。

あれ?
誰かトイレに入ってる?
みんなもう帰ったはずと思ってたけど?

思わずドアノブから
手を離した彼女でしたが、

いえいえ、
子どもはもうみんな帰ったはず。

でも、確実に男の子の声、
トイレの中から聴こえたよね。

彼女だけじゃなく
わたしにも男の子の声が聴こえました。
待合スペースで帰り支度をしていた
もうひとりのママも同様に、聴きました。

全員そろって

「2〜3歳の男の子やんな?」

「空耳じゃないよな?みんな聴いたもん」

そこにいた全員で、
勇気を振り絞ってトイレのドアを
1・2・3!
開けてみましたが、案の定、もぬけの殻・・・。

一瞬、身の毛がよだつ気持ちになったのですが、
よくよく考えてみたら、
中から聴こえた声は、とても明るくて
楽しそうでした。

こういうの、守護霊っていうのでしょうか。
ばぶばぶを守る使命を与えられて
やって来た、いいオバケ。

男の子がどこの誰なのかはわからないけど、
声のトーンや空気感から伝わってきたのは
悪いオバケではないっていうこと。←言い聞かせてみる(^^;;

ばぶばぶを応援してくれて、
ここに集う人たちにインスピレーションを与えてくれて
すべてを最良の道へと導いてくれる、いいオバケ。
そして何よりも、わたしの魂の成長を
促してくれる、いいオバケ。←必死でポジティブ思考(^^;;

わたしは霊感はないけれど、
人間以外の何かが
ばぶばぶに来る赤ちゃんやママたちを
いつも見守ってくれてるってことは感じます。
そして、そう信じています。

世の中には常に強運な人と、
何をやっても不運に巻き込まれていく人がいます。

子育てでしんどかったり
夫婦関係で悩んでいたり
いろんなストレスのなかで
みんな一生懸命に生きていて、

来院したときには目を伏せて泣き顔だったママも
不思議と帰るときには
キラキラの笑顔に変わっています。

これってきっと、
古いばぶばぶの建物に棲んでいるいいオバケが、
来院するみんなを守ってくれてるからや!

今はしんどくて落ち込んでいたとしても
本来はまっすぐで純粋な熱い魂のママたち。

つまりは、そんな優しくて前向きな魂を持った人を
いいオバケが、ばぶばぶに引き寄せ、
災いなどから守り、さらにその魂がよい方向に
成長していくのを見守ってくれているのだと思います。

もちろん、飴とムチで、
その人の魂の成長のために
ときにはあえて守ってくれないこともあるでしょう。

自分は他の人よりツイてない、と感じるときは
物事の考え方や気持ちの持ち方を
冷静に見直してみることも必要かもしれませんね。

「どうせわたしなんか」
「どうせできない」

そんなネガティブな考え方や気持ちでは、
いいオバケは力を貸してくれないと思います。
最初から無理だろうと思っている人を
サポートしても意味がないもんね〜。

自分を過大評価するのとは違うけど、
自分を信じてみる心を持つことは
いいオバケの力添えを導くことに
繋がるんじゃないかな。

目的に向かって純粋に自分を磨こうとしている人
すべてのもの、人、状況や愛に感謝を忘れない人
つねに全体の利益を考え利己主義に走らない人
どんなこともポジティブにとらえることができる人
嫉妬や憎しみの感情にとらわれない人
他人のせいにせず、自分の改善点を省みることができる人
自然や動物、美しいものや見えない世界を愛する人
他人の成功や幸せを心から喜ぶことのできる人
素直な人

実際にはこれらがまるでできていなくても、
「そうなりたい」と意識できているだけで十分。
このような人は、きっと
いいオバケがもっともっと魂をレベルアップさせるために
与力してくれると思います。

こんなこと話すと、
なんとなく怖くて
ばぶばぶのトイレに行けなくなるかな?(^^;;

もう一度言います。
ばぶばぶに棲んでるのは
いいオバケですよ!

がんばるあなたを見守り、応援し、
ときには手を貸してくれるいいオバケ。

縁あって、ばぶばぶとつながったあなたは
ダメなママなんかじゃありません。
純粋で、豊かな感情を持った
素敵な人だからこそ
ばぶばぶに引き寄せられたのです!

そうです。
あなたは選ばれた人!

おめでとうございます〜!(^ ^)










▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼ばぶばぶインスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ