HISAKOブログ

徳之島HISAKOセミナー

tokunoshima 1 537x405 - 徳之島HISAKOセミナー

 

7月の3連休、
沖縄と鹿児島を結ぶ
奄美群島のひとつ、『徳之島』に
HISAKOセミナーに行ってきました。

鹿児島から南西約480km。
人口27000人の穏やかな時に包まれた島です。

エメラルドグリーンの海と珊瑚礁
いろんな意味ですごい島なのですが
まだまだ知名度は低く、
脚光をあびるには至っていません。

沖縄や奄美大島もいいけれど
徳之島は穴場の島でした。

観光化されていない大自然。

都会からの直行便がなく
飛行機を乗り継ぎが必要で不便であることや
航空費がかかることから
本土から旅行客がわんさか出向く
ポピュラーな島ではないところが
逆にとても魅力的でした!

徳之島は
生命の宝庫の島とも呼ばれ
長寿と子宝の島として知られています。

島人は
島唄や闘牛などの遊びや
毎年6月に開催される
トライアスロンin徳之島大会に熱中します。

 

togu 537x405 - 徳之島HISAKOセミナー

海に囲まれた美しいロケーションのなか、
体力と精神力の限界に挑むトライアスロンは
地域住民総出で太鼓をたたきながら
暑い声援で盛り上がります

トライアスロン出場・・・
実はわたしの夢なんです。

 

 

tetujin 541x405 - 徳之島HISAKOセミナー

競泳と陸上は子どものころから
本格的にやっていたので得意です。

自転車は、大学時代は
片道15kmの道のりを
走って通学していたほど大好き!

よく友達に、
「なんで電車乗らんの?」
と不思議がられていました。

「トライアスロン出る!!」

と言い続けながら11人産んだので
まだそのタイミングをつかめずに
今日に至ります。

島人たちは壮大な自然のなかで
伸びやかに過ごし

史上最高齢としてギネスの
泉重千代さんは
120歳237日で亡くなりました。

 

saikou 541x405 - 徳之島HISAKOセミナー

100歳超のご長寿さんが
島のいたるところにいらっしゃるそうですが

長生きの秘訣
多くの方々が

『お酒と異性が大好き!!』

なのだそう〜^ ^

温暖な気候、
ストレスを溜めない陽気な人柄が
生まれる風土が長寿を運ぶのでしょうね。

そして、

「子どぅ宝」(子は宝)

授かりものである子どもは
すべての人にとっての宝

そんな精神文化が根付いている徳之島では
親・家族・親戚・地域一体が
子育てを応援する精神基盤が存在します。

親が子どもを安心して預け
働くことができる対策が充実していて
待機児童などないので

たとえ子だくさんでも
自信を持って生活でき、
1人の女性が一生に産む子どもの数は
2.81と全国一です。

それにあやかって空港の名前も
『徳之島子宝空港』

 

kodakara 541x405 - 徳之島HISAKOセミナー

実際、スキューバダイビングに
同行してくださった
島のインストラクターさんは
9人の子どものパパでした。

 

daibu 541x405 - 徳之島HISAKOセミナー

レストランで料理を運んでくれた
お兄ちゃんは
なんと16人兄弟!!!

11人子だくさんのわたしなんて
島では、別にどうってことない雰囲気さえ
漂っていました(笑)

子ども4人とか5人ぐらいは
当たり前なのだそうです。
すごいですね〜!

スタッフに
おすすめされて
知る人ぞ知る、小さな古い『ほこら』がひっそりと
祀られている子宝神社に行ってきました。

ハイビスカス、サトウキビ畑、
ガジュマルの樹、パパイヤ、
南国特有の植物たちに囲まれた子宝神社は、
森全体が信仰の対象になっているそうで、

satou 541x405 - 徳之島HISAKOセミナー

地元の島人いわく、
ここにお参りしたたくさんの女性が
赤ちゃんを授かっている
秘密のパワースポットのだとか。

「本当にすごい神社なんですよ!」

そう言われたら
助産師としましては、
行っとかなアカンでしょ!

「みんなが赤ちゃんに
恵まれますように・・・♪」

と、両手を合わせてきました。

灼熱の太陽、
亜熱帯の島なのに、
神社の周りだけなぜか
ひんやりと涼やかな空気が流れていて
とても神聖な、
不思議な感じのするスポットでした。

なんだか・・・
ご利益ありそうな気がします^ ^

普段、セミナーや講演会は
午前中の開催がほとんどです。
遅くても午後3時には終了するのが常。

しかし徳之島!
『島時間』っちゅーのがあるらしく
セミナー開始時間がなんと夕方6時半。
終わるのが夜8時半。

 

hourai 541x405 - 徳之島HISAKOセミナー

え?
子連れでその時間に
みんな出てくるの?
8時半って、寝る時間とちゃうの?!

せわしなく時間に追われる
大阪での生活が当たり前のわたしにとっては
『島時間』は衝撃でした。

暑い島だから、
夕方涼しくなってから人々は動き出し、
夜更けまで黒糖焼酎を飲み明かし、
暑い日中は寝て過ごす・・・

それが『島時間』なのですね。
うらやましい・・・。

さまざまな地域でセミナーをしてきましたが、
南国の島人のノリはどんなかな〜?
大阪人のノリ、理解できるかな?

大阪から来たお笑い芸人みたいな
変な助産師に、
ちゃんとついてきてくれるかな?

セミナーは
おおいに盛り上がりました。
よかったーー!

島のみなさん、
たくさん笑っていただいて
本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

▼ばぶばぶメルマガ登録はこちらから
https://goo.gl/jmCHio
—————————————————◇
助産師HISAKOからの
ワンポイントアドバイスなど
多方面からさまざまな 話題を
提供させていただきます。

▼amo無料お申込み
http://amo.babu-babu.org/

amo』は
妊娠がわかった日から出産する日まで
毎日、あなたの元に
助産師HISAKOとおなかの赤ちゃんから
温かなメッセージが届く無料メールサービスです。

▼ばぶばぶインスタグラム
https://www.instagram.com/babubabu_org/

▼HISAKOツイッター
https://twitter.com/babubabu_voice

アーカイブ