HISAKOブログ

白斑(はくはん)

hakuan 238x405 - 白斑(はくはん)

現在4ヶ月の赤ちゃんがいます。
2ヶ月まで混合で育てていましたが、
現在は母乳のみです。

産後すぐに乳腺炎になり、
その後もおっぱいの詰まりや白斑を繰り返しています。

ひどい時は1週間に3回も詰まって、
そのたび助産師さんにマッサージをしてもらいましたが、
痛いだけでおっぱいの状態は改善されませんでした。

その後、ちがう助産師さんにも診てもらいました。
そこでは乳頭を爪でカリカリされ、
詰まり?を取ってもらいましたが、
このやり方は大丈夫なのかと不安になりました。

カリカリされた数日後には
すぐにまた同じ箇所が詰まってしまい

途方に暮れて病院に行ってみると、
細菌が入りこんでると言われ、
今度は薬をもらいました。

何がなんだか
どうしていいかわかりません!
-------------------------------

そんな流れで、
最後の頼みの綱だと、ばぶばぶに
駆け込んでこられたママがおられました。

彼女の詳細は
8/30ブログ『繰り返すおっぱいトラブル』から
先にお読みくださいね。
https://goo.gl/XmzX5p

今日はその続きです。

固い乳輪、乳頭に赤ちゃんが力強く吸い付いたら
どうなるでしょうか。
固いから舌で巻き取れず、
滑って浅吸いになるんです。

浅吸いは、乳頭に過剰な負担がかかるため
乳頭のトラブルを起こしやすくなってしまいます。

彼女の乳頭の先にも
白いおできのような、口内炎のような
水泡のような外観のものが数カ所できていました。

これは通称『白斑』と呼ばれています。

医学的には、乳管開口部に傷ができて
炎症を起こしてしまったもので、
正しくは『乳口炎』といいます。

白斑形成はたいてい
授乳間隔が長く開いてしまったことが原因であることが
多いです。

授乳間隔があく→むくんで硬くなった乳頭を吸わせる
→浅吸い→乳口に負担→水泡

水泡になった部分は乳口が詰まってしまうので
吸わせても痛いばかりで母乳は出てきません。
みるみる痛みが増して
「助けて〜〜!」となります。

そのまま放置していると
やがてその奥にある乳腺が筋状に詰まってしこりができ、
乳腺炎になる可能性があります。
白斑は、恐怖の乳腺炎の初期症状であると
考えてもらっていいと思います。

ニキビの芯みたいな脂肪のかたまり(乳栓)が
乳口に詰まる白斑もありますが、
多くの白斑の正体は、浅吸いによって
乳頭に過剰な圧をかけたことが原因の水泡形成。

やがて水泡は破裂して、そこが傷になります。

傷(白斑)は、とてもとてもデリケートです。
その部分は赤ちゃんも飲みにくいし、
そもそもおいしくないし、
歪め飲みをしたり、
さらに浅吸いを繰り返したりします。

そして再び、同じ箇所に水泡ができ
白斑再発・・・

完全に乳口が詰まってしまう
たちの悪い乳頭トラブルに発展してしまうわけですね。

トラブルのある乳口につながる乳腺は
感染を起こしやすいです。
閉塞を起こして、乳腺はしこりを形成します。

彼女の場合、
最初にケアを受けたときは
マッサージが激痛だったとのことですが
無理な圧をかけることで炎症を悪化させて
しまったかもしれません。

さらに詰まりを爪でカリカリ・・・
助産師によっては
針で突くという方法をとられている方も
いらっしゃるようです。

そりゃ、水泡は突けば簡単に潰れるし、
潰れりゃおっぱいの詰まりはすぐに解消されます。
でも、ママの大切なおっぱい、
目先の楽を求めるより、もっと長い目で
丁寧に優しくケアしてあげてほしいです。

爪や針を使うと、ほとんどが数日で
白斑再発するような印象があります。
デリケートになっている場所に、
不潔なモノを使うってことは、
感染を起こしやすい状況を与えているのと同じでは
ないでしょうか・・・。

彼女の場合も
爪で詰まりをとってもらったあとに
悪化して病院を受診、
細菌が入り込んでいると診断され、
抗生剤を使用しなければならなくなりましたよね。

ばぶばぶでは、
白斑ができたときには
無理に開通させることはしません。

ママによってはもしかしたら
高いお金払って来てるのに
なんで一発で詰まりを取り除いてくれないの!!

と、怒りを感じられる方も
いらっしゃるかもしれませんが・・・

急げばいいというものではありません。
白斑のあるおっぱいは間違いなく、
乳房全体にむくみがあり、乳頭が硬くなっているので
まず、赤ちゃんが浅吸いにしないよう、
歪め飲みをしないよう、
乳輪と乳頭を柔軟にして、血流を改善するための
ケアを心がけています。

完全に乳口が詰まりきっていなければ
一番のおっぱい救世主は赤ちゃんです。
とにかく、何度も何度も吸ってもらいます。
めっちゃ痛いですけど。。。
でも、乳腺炎になるよりはマシ!!

わたしの仕事は、
白斑改善の柔らか暖か乳頭の土台を作ること。
その手技の途中で、うまく詰まりが取れることも
ありますが、

基本的には無理な圧はかけません。
だからあまり痛くないです。

おっぱいケアと頻回授乳をしてもらうことの
二足のわらじでゆっくりと治していきます。

水泡が勢いよく潰れると、
いったんは詰まりが取れるし、
シャーーーーッッッ!と
ものすごい勢いで爽快に白斑部位から母乳がほとばしり出て
カチカチだったおっぱいが柔らかくなり
痛みも和らいでホッとします。

ああ、よかった、
治った〜

と思うかもしれません。

でも実はそれが
罠なんです!!!

罠を知らないと

「詰まったから診て」

予約を入れたあと、

「抜けたから様子見ます!」

予約キャンセルされるママもいらっしゃいます。
で、結局は再発して
数日後に感染を起こし悪化した状態で
来院されるというパターン・・・。

このような事態を避けるために、
おっぱいの調子がいつもと違うと感じたときは
早めに対処するようにしてくださいね。
自己判断で「もう治った」は
危険であることも多いので気をつけましょう。

白斑にはデスパコーワ(口内炎の薬)が効果的です。
ドラッグストアに売ってます。

授乳のたびに塗布して、
かぶれてかゆいなどの苦痛がなければ
上からラップでパックします。

白斑は完治するまで数ヶ月かかることもありますが
すぐに結果を求めてドツボにハマるより
『白斑の予防・治療=授乳』という
正しい知識を持って
根気よく挑みましょう!

また、乳頭のトラブルは
疲労、肩こり、冷え、ストレスなどが
直結しているので、
ここ最近の生活はどんなだったか?を
振り返りましょうね。

あ、そうそう。

おそらくデスパコーワをおっぱいの傷に
使用するという発想は
薬剤師さんにはないと思います(^^;;

なので、
用途を尋ねられても馬鹿正直に
答えずに購入してくださいね〜。

 

hisako Egao Ouenjpg 03 638x94 - 白斑(はくはん)

marshmallow all  638x137 - 白斑(はくはん)

pomelo all page 638x137 - 白斑(はくはん)

2018 blog runking bana 1 638x183 - 白斑(はくはん)

amazon bar 638x81 - 白斑(はくはん)

marshomallow amazon bana - 白斑(はくはん)pomelo amazon bana - 白斑(はくはん)

 

このブログは
ママたちの心を救う材料として役立つことを願い
がんばって更新しています。

LINE@で更新情報などを配信してるのでよかったら登録下さい♪
https://line.me/R/ti/p/%40qxm8903q

ja - 白斑(はくはん)

HISAKO
アーカイブ