HISAKOブログ

なぜ?繰り返すカンジダ膣炎

kan - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎

『カンジダ』といえば
かゆ~い膣炎がまず思い浮かびますよね!

カンジダ膣炎は、
多くの女性が経験したことがあると思いますが、
真菌(カビ)が女性の膣、外陰部で異常増殖して
不快な症状を起こす感染症です。

実はカンジダ自体は、
膣の中にもともと住んでいるカビです。

いえいえ、膣だけじゃなく、
男女、年齢問わず、健康な人の体内で生きている、
いわばわたしたちの生活に
密接に関わり合っている共存微生物。

口から腸までの消化管、皮膚からも
当たり前に検出されるカビなので
普段はとくに悪さもしませんが

〝なんらかの理由〟で膣内で異常増殖し
不快な症状が出ると治療の必要性が出てきます。

赤ちゃんは、
分娩時に産道(膣)を通過することや
授乳を通してママからある程度のカンジダをもらいます。

それを機にカンジダは、
赤ちゃんの消化管の中で一旦急激に増えますが、
成長につれて他の腸内細菌の影響を受けて
その数を減らし安定するようになり

生殖年齢になるぐらいまでは、
消化菅の中に静かに潜んでいます。
健康上の被害はほとんど与えません。

それどころか、カンジダが消化管にいることで
免疫系を刺激して、免疫力を強めてくれています。
適度な数のカンジダがガンの増殖を抑制することも
動物実験では明らかにされています。

このように、カンジダは身体に入り込み、
常在菌として住み続けますが、
わたしたちが年齢を重ねると、
少し様子が変わってきます。

免疫を中心とした防御力が弱くなるにしたがって
カンジダとの力のバランスが狂いだし、
徐々にカンジダの勢力が強まっていきます。

実は、カンジダ膣炎は
昭和初期ぐらいまではほとんど病原菌として
認められていなかったそうですよ。

ところが今の時代、
人々の暮らしぶりは大きく変化しました。

食生活の変化、抗生剤の多用
仕事や子育てのストレス、睡眠不足などなど・・・

カンジダは、糖分が多いところで増殖するので
甘いものや炭水化物をよく食べる女性は
カンジダ膣炎を繰り返しやすいです。

また、ナプキンやおりものシートの普及。
カンジダ膣炎を繰り返す人は
布製のナプキンやおりものシートに替えて
外陰部の湿度を高めない(カンジダが好まない環境づくり)
工夫も必要かもしれません。

膣炎になると、

とにかく痒い!
ほんとにもう、全身鳥肌が立つぐらいの痒さ!

あまりにも痒くて思わず掻きむしってしまい
外陰部や膣が炎症を起こして
腫れ上がってしまったり・・・

白いカッテージチーズのような
モロモロしたおりものが出て

おしも事情が
トホホなことになってしまいます・・・(T . T)

おおまかな誘発要因は以下、

・疲れが溜まっている
・風邪を引いている(体調不良)
・ストレスなどで免疫力が落ちている
・抗生剤を内服している
・妊娠中(膣内の酸性度の低下)
・ピルを内服している
・不妊治療中
・糖尿病、肥満

と言われていて、

上記、明らかな誘因があれば、
それをまず取り除くようにします。

治療は、抗真菌薬の膣錠と軟膏ですが
膣内のカンジダが薬で一時的に増殖を緩めても
数ヶ月ごとに症状を繰り返すことが多々あります。

明らかな誘因がないのに
頻繁に症状を起こす人たちから

「HISAKOさん~なんでなのー!!」

という相談をよく受けます。

繰り返すカンジダ膣炎は、
自分の腸管内に存在するカンジダが
外陰部を介して膣内に侵入してしまうことで
感染、再発を繰り返しているケースが多いということが
わかっています。

そのような場合は、膣錠、軟膏に加えて
内服薬で治療を試みるのも
ひとつの方法だと言われています。

性行為が原因になる場合もありますが
カンジダは基本的には90%以上が自然発生的に起こります。

性感染症としてのカンジダは
10%もないと言われています。

常在菌だから、
基本的に男性は、ペニスに痒みや発赤、痛みなどの
不快症状がないかぎり、治療の必要はありませんが

セックスパートナーである女性が
あまりにも高頻度にカンジダ膣炎を繰り返すときは
症状がない男性にも検査を勧め
軟膏塗布でカップルで治療することで
女性のカンジダ膣炎発症が落ち着くこともあります。

とはいえ、
カンジダは常在菌、共存するカビだから!

「カンジダ膣炎を繰り返す」
=「普段の生活習慣を見直せ」

っていうのが、
もっとも根本的な考え方なのかもしれません。

「カンジダとの共存ができなくなってるよ」

という、身体から発するシグナルなんだと
とらえるのがもっとも自然です。

膣炎になるたびに婦人科へ行って
膣錠と軟膏で応急処置的に治す、
それを繰り返したところで、

カンジダ膣炎を繰り返す根本原因に
直接的アプローチをしなければ
堂々巡りになるのは明らかですよね。

根本原因を叩かなければ
治しても、治しても
結局繰り返すことになるわけです。

現代社会では、常在菌であるカンジダを
静かにおとなしくさせていく生活習慣が必要です。

消化管の中に常在しているカビなので
体内からカンジダをまったく排除することはできないし、
する必要もないと思います。

できることは
腸内環境をよくすること。

つまり食習慣の改善がもっとも重要なんですね~。

ヨーグルト、キムチ、納豆など
乳酸菌が増えるような発酵食品をたくさんとりましょう!

ちなみに炭水化物をとりすぎは
カンジダのエネルギー源になってしまうため
食べすぎないように少し意識してみましょう。

カンジダが発育する主な場所は消化管。
口の中で増えたカンジダは、
消化管の内容物とともに食道→胃→腸→肛門にまで
達します。

なので!

『口の中のカンジダをいかに少なく抑えるか』も
カンジダ膣炎を繰り返さない大きなポイントです。

膣炎を繰り返すあなたは、
虫歯を放置していませんか?

歯科の定期検診で数ヶ月に1回は
徹底的に歯の大掃除をしてもらっていますか?

カンジダ膣炎は、カンジダに対する防御力が低下したときに
発症することを考慮して、

症状が出たから婦人科へ、

ではなく、

そもそも膣炎を起こさないように日常的に
全身的な免疫力の回復をはかることを
意識してみないと、ですね!

 

hisako making bana - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
blog banner - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
marshmallow bana 033 - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
pomelo bana - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
marron bana - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
marron bana - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
amazon bar 638x81 - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
marshomallow amazon bana - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎
pomelo amazon bana - なぜ?繰り返すカンジダ膣炎

▼商品に関するお問合せ
ばぶばぶストア
フォーム:https://lp2.babu-babu.org/contact/
よくあるご質問:https://blog.babu-babu.org/faq-2/

HISAKO
キーワード検索
アーカイブ